酒井院長 ドクターブログ | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

酒井院長 ドクターブログ

酒井院長 ドクターブログ

鼻の形成(22)鼻先耳介軟骨移植 他院修正

こんにちは。

 

今回は、他院で鼻中隔延長術を受けた患者様の修正手術です。

 

他院にて鼻中隔延長術を行いましたが、鼻先の丸みが気になっていて、もっとシャープな高めの鼻先にしたいというご希望でした。

今回は、なるべく侵襲の少ない方として、鼻先に耳介軟骨を移植する方法を選択しました。

 

鼻先が低くてアップノーズ気味の場合は、鼻先をなるべくシャープにするなら鼻中隔延長術やストラット法が最もお勧めの方法ですが、

元々の鼻先の高さや向きがまずまずの形態であれば、鼻先への耳介軟骨移植のみでも満足な効果が期待できます。

 

 

術前と、術後3ヶ月の経過になります。

鼻先に、3枚に重ねた耳介軟骨を移植しています。

この軟骨の形もとても大切なのです!


 

今回は、軟骨の追加移植のみではありますが、鼻先がしっかりシャープになり、かつ下向きに伸ばすこともできました!

supra-tip point(鼻先から鼻筋への切り返しの部分)も綺麗な形になりました!

 

たいへんご満足いただけました!!

 

当院では、他院で手術を受けた場合の修正手術も、たいへん得意としております。

今回のような小修正でも、すごく満足できることもよくあります!

ぜひご相談ください。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

まだまだカウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!


美容外科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
 銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

眼の形成(42-2) 眼瞼下垂 症例(42)  治療後3ヶ月目の経過のご紹介です

こんにちは。

今回は眼瞼下垂症の方の治療経過のさらなる経過のご紹介です。

前回は症例42で術後1ヶ月目の状態をご紹介しています。

 

眼瞼下垂とは目の開き(動きや位置)が弱い状態をいいますが、元々の一重の場合は、目の開きが弱いことが多いです。

 

眼瞼下垂手術は、二重を作る二重切開手術に加えて、眼瞼下垂を良くするための処置も行います。

瞼の切開は同じく二重の予定線を切開しますが、眼瞼下垂手術では目を開ける筋肉(腱膜)を引き出して糸で固定します。

筋肉をしっかり固定することで、目の開きが改善して大きなパッチリ目になります。

 

一重まぶたでは皮膚の被りもあるので、二重を作るだけでも目を大きくする効果はありますが、

皮膚のダブつきのない、大きなパッチリ目を希望される場合は眼瞼下垂手術が良い適応になります。

 

二重手術か眼瞼下垂手術のどちらか迷われる場合は、手術中に目の開きを確認して、必要であれば眼瞼下垂手術とすることも可能です。

 

術前と、術後4か月の経過です。

 

傷の状態や食い込みも、かなり改善してきました!

ぱっちりした大きな二重になって、たいへんご満足いただきました!

頭痛や肩こりも改善しましたとのことです!

 

モニターのご協力ありがとうございました。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

まだまだカウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!


美容外科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
 銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

眼の形成(45)眉下切開によるまぶたのタルミ切除

こんにちは。

今回は、眉下切開による上瞼のタルミ切除症例のご紹介です。

 

上瞼のたるみ取り手術は、二通りの方法があります。

二重の線のところで切除する方法と、眉下で皮膚切除する方法です。

 

患者さまの状態によって適応は異なりますが、二重側でタルミを取りすぎると、帰ってまぶたの厚み感が増すことがあります。

 

今回は皮膚の厚みが多かった方でしたので、眉下切開法によるタルミ取り治療を行いました。

 

 

眉下皮膚切除のデザインです。

眉下切開は、二重切開よりも、ダウンタイムがずっと短いです。

個人差がありますが、2〜3日しか腫れない方もいらっしゃいますし、5〜7日程度腫れが気になる方もいらっしゃいます。

抜糸は6〜7日目になります。

 

術前と、術後3ヶ月です。

 

とっておナチュラルにまぶたのたるみが取れて二重が広がって若々しい瞳になりました!

 

とってもご満足いただきました!

 

モニターのご協力ありがとうございました。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

まだまだカウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!


美容外科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
 銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

2021年 第109回 日本美容外科学会 (JSAS) 学会長に就任いたしました!

こんにちは!

 

この度、第109回 日本美容外科学会の学会長に就任いたしました!!!

 

 

テーマは「匠の技を学ぶ、見る、魅せる 〜絶対的満足を目指して〜」です!

 

美容外科や美容皮膚科のエキスパートの先生をお招きしてシンポジウムやパネルディスカッションが中心の形式となります。

 

また感染症流行の状況にもよりますが、海外からスーパースターと言われる美容外科医のお二人をお招きする予定です。

 

さらに、眼瞼下垂の匠と、フィラー注入の匠をお招きしてライブサージャリーの中継を行う予定です。ライブをオーガナイズする座長の先生も各分野の匠の先生となりますので盛り上がりにもご期待ください!

 

現時点で予定しているセッションのテーマは下の図のようになります(予定変更の可能性があります)。

他にもたくさんの魅力的なセッションを準備しております。

 

「絶対的満足」というキーワードについては、また長くなりますので後日にお話しさせていただこうと思います。

 

本番まではまだ時間がございますが、1日も早くの、世界的な新型コロナ感染症流行の沈静化と、日常生活の復調を祈念しております。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

まだまだカウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!


美容外科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
 銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

眼の形成(44)+ α 結膜脱脂+クマへの脂肪注入、おでこ コメカミへの脂肪注入

こんにちは。

今回は、目の下のクマに対して結膜脱脂+クマ脂肪注入、および、おでこ コメカミへの脂肪注入を行った症例になります。

 

目の下のくぼみや平らなおでこなどが目立つケースは、脂肪注入の良い適応です。

目の下の膨らみを結膜側から脱脂すると目袋が改善されます。

さらにクマのくぼみに注入することで、クマが目立たなくなるだけでなく、頬の形態も改善します!

横から見たら、目の下が窪んでいましたが、術後は綺麗なオージーカーブの形に変化しました!

 

おでこやこめかみ、チークラインなどに注入すると、丸みのある輪郭になります。

ややフラットだったおでことコメカミは、丸みが出て女性らしいラインになりました!

 

顔に注入する場合、通常は、太ももの内側から必要な分だけの脂肪を吸引します。

ご希望に応じて、腹部や腰部などからの吸引も可能です。

ただし、吸引する脂肪の量は少量ですので、痩身効果は少なめです。

もちろん、通常の脂肪吸引手術による痩身治療と組み合わせることはできます。

 

術前と、術後4ヶ月です。

目の下のくぼみ(くま)、おでこ、こめかみのボリュームアップで、より若々しい健康的な顔立ちになりました。

クマは改善して、横顔のオージーカーブも綺麗です!

注入した脂肪は、一部は吸収されますが、3ヶ月程度でおおむね生着して仕上がりになります。

おでこやこめかみは、やや吸収率が高い部位になりますので、経過によっては2回目の注入を追加することもあります。

モニターのご協力ありがとうございました!

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

まだまだカウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!


美容外科ランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
 銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

calendar

2020年10月
   
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives