鼻プロテーゼのリスク|起こりうるトラブルとリスクを下げる方法を紹介 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

鼻プロテーゼのリスク|起こりうるトラブルとリスクを下げる方法を紹介

鼻プロテーゼで起こりうるリスクとは?

鼻プロテーゼは、一度の施術で高い効果と持続性が期待できる鼻整形の一つです。

しかし、鼻にプロテーゼを異物を入れることはリスクも伴い、それに対する不安を抱えている人も多いはずです。

そこで今回は、受ける前に知りたい鼻プロテーゼのリスクについて紹介してきます。

L型プロテーゼのリスク

①鼻先の皮膚に負担がかかる

中でもL型というのは鼻筋〜鼻先にかけてにシリコンを入れるため負担がかかりやすく、時間の経過とともに鼻の先端部分の皮膚が薄くなり、最悪の場合、鼻先の先端をL型のプロテーゼが突き破ってしまうリスクがあります。

鼻先は表情の動きに合わせて動くので、L型プロテーゼは特に鼻先に負担がかかりやすいでしょう。

②豚鼻になりやすい

L型プロテーゼは鼻の付け根の部分から鼻先、そして鼻柱基部までL型の鼻プロテーゼを挿入します。

時間の経過とともに鼻先に負担がかかり、L型のプロテーゼが上向きになってくることで、豚鼻になりやすいでしょう。

現在はL型プロテーゼを使用しているクリニックが少ない

鼻プロテーゼの中でもL型プロテーゼは経験の浅い未熟な医師でも手術がしやすいというメリットがあります。

しかしながら、鼻先への負担が大きいことから、現在はL型プロテーゼを使用しているクリニックは少なくなってきています。

I型・L型プロテーゼ共通のリスク

①感染や炎症が起こる可能性がある

I型・L型プロテーゼだけでなく美容整形では、常に感染や炎症のリスクが伴います。

万が一、感染や炎症を起こしてしまった場合には、抗生物質の点滴、洗浄措置をします。その後、炎症や感染の原因となった鼻プロテーゼを除去する必要があるでしょう。

プロテーゼの安全性は高いと言われていますが、あくまでも異物を体の中に入れるため、炎症反応を起こしてしまうことがあります。特に、鼻先が赤い・鼻先に痛みがあるといった場合は放置せず早急に医療機関へ相談してください。

②石灰化を起こす可能性がある

鼻プロテーゼは人間の体に含まれる成分に近いことから安全性が高いとは言われていますが、I型L型問わず石灰化を起こすリスクがあります。

人間の体の中にプロテーゼを挿入すると、異物反応を起こし、プロテーゼの周りに被膜を形成します。時間の経過とともに、被膜にカルシウムが蓄積されると石灰化が起きるでしょう。

これはプロテーゼを挿入する上では誰でも起こりうるリスクであるとともに、それを防ぐためには、質の良いプロテーゼを選ぶことがポイントです。

また、医師の技術力が高ければ、挿入時の組織周りの損傷が少なくなり、石灰化のリスクも低くなる可能性が考えられます。

③年月の経過によってデザインが崩れる場合がある

鼻プロテーゼでは、年月の経過によって鼻の皮膚が薄くなったり負担がかかったりして、デザインが崩れてきてしまうことがあります。

年齢によるものは避けることはできませんが、正しい施術が行われていれば、そのリスクは下げることができるでしょう。

鼻プロテーゼを挿入する場合には、挿入から数年後、数十年後の将来のことを考えてデザインを決めるだけでなく正しい施術を行えるような高い技術力を持った医師を選ぶことが重要です。

リスクを少しでも下げるためにできること

《信頼できる医師のもとで施術を受ける》

鼻プロテーゼは希望のデザインに形成したプロテーゼを鼻に挿入するため、一度の施術で高い効果が期待できます。

しかし、経験の浅い未熟なドクターでは、不自然な仕上がりになってしまったり、鼻プロテーゼでずれてしまったりするなど、様々なリスクを高めてしまいます。

そうならないためには、信頼できる医師のもとで施術を受けることが大切です。

医師選びのポイント

L型プロテーゼは鼻筋〜鼻先まで高くすることが期待できるL型プロテーゼですが、豚鼻になりやすい・鼻先の皮膚に負担がかかりやすいといったリスクがあるため、使用しているクリニックが減少しています。そのため、現在もL型プロテーゼを使用しているクリニックがあれば、避けるべきでしょう。

また、カウンセリング時間が十分であったか、メリットばかりではなくデメリットやリスクについてもしっかりと説明をしてくれたか日本形成外科学会認定専門医という資格を持っているかなども重要になってきます。

《無理のないプロテーゼのデザインを選択する》

使用するプロテーゼが既製品の場合でもオーダーメイドの場合でも、もともとの鼻の状態にあったプロテーゼを使用することがとても大切です。

万が一、その時の希望に合わせて負担のかかるようなプロテーゼを使用した場合には、鼻に負担がかかってデザインが崩れたり、プロテーゼの輪郭が浮いてきてしまったりと、様々なトラブルを引き起こしやすくなります。

そうならないためには、数年後、数十年後も見据えた無理のないデザインのプロテーゼにしましょう

鼻プロテーゼで不安なことはカウンセリングでご相談ください

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives