ハンプ切除の失敗例|3つの失敗例と失敗しないためのポイントを紹介 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

ハンプ切除の失敗例|3つの失敗例と失敗しないためのポイントを紹介

ハンプ切除で起こりうる失敗とは?

ハンプ切除は、鷲鼻の修正が期待できる鼻の整形の一つです。しかし、失敗する可能性は0ではなく、受ける前にそのリスクを知っておかなければなりません。

そこで今回は、ハンプ切除の失敗例について紹介していきます。

ハンプ切除とは

ハンプ切除とは、鼻筋の一部の骨が飛び出している状態で、その出っ張りをノミと言われる医療器具で切除する方法です。

それによって、鷲鼻の原因がなくなり、正面から見たときと横から見たときの鼻のラインをまっすぐに整えることが期待できるでしょう。

ハンプ切除術の後遺症の失敗例

《鼻筋が凸凹になる》

ハンプ切除で削った骨に小さな凸凹が残ることがあります。基本的に触らなければわからない程度のものですが、それが気になり、失敗したと感じてしまう方も少なくありません。

対処法

どうしても気になるという場合には、再度ハンプ切除をして凸凹を改善することが必要になってきます。

しかし、再手術をしても、必ず凸凹が気にならなくなるという訳ではないということを十分に理解しておきましょう。

《満足のいく効果が得られない》

ハンプ切除では飛び出した骨や軟骨を切除するため満足度の高い施術ですが、十分に切除しきれていないと満足のいく効果が得られない可能性があります。

特に、骨を切除する整形では、骨を切除しすぎることで骨の強度が低下するなどのリスクが高まります。そうならないために、控えめに切除された場合にこの失敗が起こってしまうでしょう。

また、ハンプ切除を行なった部分に増殖した肉芽組織が繊維化することでできる「瘢痕」によって、膨らんでしまい、結果的に満足のいく効果が得られないケースもあります。

対処法

ハンプ切除で控えめな切除を行なった場合や、医師の技術力不足で必要な量を切除できていない場合、再度ハンプ切除を行うことで効果が期待できます。ただし、一度ハンプ切除をしているので、ここで取りすぎてしまうと凹む可能性があるので注意しなければなりません。

瘢痕化した場合には、瘢痕を複数回のケナコルト注射によって膨らみを小さくしていく処置が必要です。

《傷跡が残る》

ハンプ切除を行う際、鼻の穴の中を切開して行うクローズ法と、正面からは目立たない部分ですが、鼻の穴を左右に仕切っている鼻柱の表面を切開するオープン法があります。

クローズ法では鼻の穴の内側に傷跡が残るため表面にその傷が出ることはありませんが、オープン法の場合は、上に向いた時や下から覗かれた時に傷跡がわかってしまう可能性は0ではないでしょう。

傷跡は時間の経過とともに馴染んでわからなくなっていきますが、ケロイド体質の方、普段から傷跡の治りが遅い方は注意が必要です。

対処法

ハンプ切除では、傷跡が目立たないようにクローズ法で行うことが多いです。しかし、状態によってはクローズ法が適用されることがあります。これによって傷跡が残ってしまった場合、傷跡修正を行う必要が出てくるでしょう。

傷跡修正は状態によって異なり、ケナコルト注射やレーザー治療、縫合をし直すなど方法は様々です。

傷跡が残っている場合には、信頼できるクリニックに相談しましょう。

ハンプ切除の失敗の原因は医師の技術力が関係している

目立つ傷跡が残る原因は体質などの個人差によるものもありますが、ほとんどの場合、医師の技術力不足によって引き起こっているケースが多いです。

そのため、施術を担当する医師選びには慎重にならなければなりません。

ハンプ切除で失敗しないためにできること

《専門性・技術力の高い医師を選ぶ》

ハンプ切除で起こりうる失敗・トラブルのリスクは、医師の技術力が関係してきています。

失敗のリスクを少しでも下げるためには、安いクリニック・予約の取りやすいクリニックではなく、専門性・技術力の高い医師を選ぶことが重要です。

医師選びのポイント

医師選びのポイントは、美容外科のベースとも言える形成外科の出身でかつ日本形成外科学会認定専門医であるか、さらに、日本美容外科学会認定専門医(JSAPS)であるか、ハンプ切除を含む鼻の整形を専門的に行なっているかなどが目安です。

《事前のカウンセリングは満足の行くまで行う》

ハンプ切除の失敗のリスクを下げるためには、医師選びだけでなく、事前のカウンセリングも重要になってきます。

これが不十分だと、切除の量が足らずに納得のいく仕上がりにならない、思っていた以上に削られすぎてしまったなどのといった失敗・トラブルを引き起こすリスクを高めてしまいます。

そのため、施術を受ける前のカウンセリングで、どのような仕上がりを希望しているのかを医師にしっかりと伝えることが重要です。医師にもイメージが伝わるように、写真を用意しておくなどすると良いでしょう。

ハンプ切除の失敗などのリスクが不安な方はカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

 

 

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives