ハンプ切除術の費用|相場と費用が安い場合に注意すべきことを紹介 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

ハンプ切除術の費用|相場と費用が安い場合に注意すべきことを紹介

ハンプ切除にかかる費用はどのくらい?

ハンプ切除は、段鼻や鷲鼻といった鼻の形を改善することを目的に行われている施術で。これによって正面から見たとき、横から見たときの鼻筋のラインを整えることができるでしょう。

ここでは、そんな効果が期待できるハンプ切除にかかる費用と、費用が安い場合に注意したいことについて紹介します。

ハンプ切除とは

ハンプ切除とは、鼻筋の骨が前へ飛び出している状態の、段鼻鷲鼻と呼ばれる鼻の改善が期待できる方法です。

施術は鼻の穴の中を切開し、段鼻や鷲鼻の原因となってい出っ張りをノミと言われる医療器具で切除することで、正面から見たときの鼻筋の凹凸や、横から見たときの鼻筋のラインを、まっすぐに整えることができるでしょう。

ハンプ切除の費用相場

《相場は約40〜60万円ほど》

ハンプ切除の費用相場は、受けるクリニックや術式などにもよって異なりますが、約40〜60万円ほどが必要です。

これに、鼻骨骨切りや鼻プロテーゼなどの施術を組み合わせて行う場合には、約80〜100万円以上の費用がかかるでしょう。

《銀座S美容形成外科のハンプ切除の費用》

銀座S美容形成外科のハンプ切除の費用は、最低でも約32万円〜です。実際の状態を診てからの判断となります。

費用が気になる方は、一度カウンセリングにてご相談ください。

ハンプ切除術の費用に関する注意点

《施術費用に諸費用が含まれているかを確認する》

クリニックのホームページの費用を確認してクリニックを決める方は多いでしょう。ただし、ここで費用が安いからといって受けるクリニックを安易に決めてはなりません。

費用が相場よりも安い場合、記載されている費用が施術の費用のみで、麻酔代・検査代・オプション代・アフターケア代などの諸費用が含まれていない可能性があります。

結果的に相場と変わらない費用か、相場よりも高い費用を請求されてしまう恐れがあるため、事前に見積もりをもらうなどして慎重に検討していきましょう。

《客引きを目的に費用を安くしている可能性がある》

これも費用が安い場合に注意したいことですが、客引きを目的に、クリニックのホームページに掲載されている費用を安くしている可能性があることを知っておかなければなりません。

費用が安ければその分、費用の面でのハードルが下がり受けたいと思う方が増え、来院数も増えます。しかし、実際にカウンセリングを受けると、”ホームページに掲載されている術式の費用は適さない”、”他の施術と組み合わせる必要がある”などという理由をつけて、結果的に高額な費用が請求されるケースがあります。

また、費用が安いために、不要な可能性のあるオプションが追加されることも。

カウンセリングの段階で見積もりを出してもらい、施術を受けるかどうか迷っている場合には、断ることも大切です。

《症例数・技術力向上のために費用を安くしている可能性がある》

費用が安い場合の理由には、症例数・技術力向上のために費用を安くしているということもあります。

特に、開院から日が浅いクリニックの場合や、担当する医師が美容外科医になったばかりであるという場合に考えられます。

客観的に確認できる情報として、クリニックのホームページに掲載されているクリニックの開院した年月や在籍しているドクターの経歴などを見てみると良いでしょう。

ハンプ切除術は費用の安さではなく専門性・技術力の高い医師を選ぶことが重要

ハンプ切除の費用は骨を切除する方法であるため、安いとは言い難い費用がかかります。そのため、できる限り費用を抑えたいという方も多いでしょう。

しかし、費用の安さで選ぶことで、切除しすぎて凹んでしまう、逆に鼻が太く見えてしまう、不自然な鼻になってしまう、ホームページには掲載されていない高額な費用がかかったという失敗・トラブルを引き起こすリスクを高めます。

そうならないためには、専門性・技術力の高い医師を慎重に選んでいくことが重要です。

医師選びのポイント□

医師選びのポイントとしては、美容外科のベースと言われる形成外科の出身でかつ日本形成外科学会認定専門医であるか、さらに一定以上の経験と審査を通った医師のみが認定される日本形成外科学会認定専門医(JSAPS)であるか、鼻の整形について研究・学会発表し、積極的に鼻の整形を扱っているかなどを一つの目安にすると良いでしょう。

ハンプ切除を検討中の方は、カウンセリングにてご相談ください

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives