鼻のヒアルロン酸注入のダウンタイム|症状別の日数・過ごし方 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

鼻のヒアルロン酸注入のダウンタイム|症状別の日数・過ごし方

鼻のヒアルロン酸注入のダウンタイムはどのくらい?

鼻のヒアルロン酸注入は、メスを使わずに注射のみで行う鼻形成です。

切らない方法といっても注射を使用するので、多少なりとも腫れ・内出血・痛みなどの症状が出てきます。

そこで今回は、鼻のヒアルロン注入のダウンタイムについて、症状別の日数過ごし方を紹介します。

鼻のヒアルロン酸注入のダウンタイムの日数

《約3日〜1週間、長くて2週間ほどの時間が必要》

鼻のヒアルロン酸注入は、注射のみで行える方法のため、鼻プロテーゼなどの他の鼻整形よりもダウンタイムは短いです。

ただし、ダウンタイムの長さは、使用するヒアルロン酸の種類だけでなく、鼻の皮膚の薄さや身体の修復力などの個人差によって異なってきます。

目安は、約3日〜1週間ほどで、長引いても2週間ほどの短いダウンタイムで済むでしょう。

鼻のヒアルロン酸注入のダウンタイム中の症状

《腫れは約3日〜1週間ほどで落ち着く》

腫れは個人差などによって異なりますが、約3日ほど、長引いても1週間ほどで落ち着くケースが多いです。

《痛みは約3日〜1週間ほどで落ち着く》

痛みも腫れと同様に、約3日〜1週間ほどで徐々に消失していきます。

この期間は、内出血による痛みの他、洗顔やメイクなど鼻に触れると痛みが出るため、術後は注意しながら過ごしましょう。

《内出血は約1〜2週間ほどで消失していく》

注射で行う方法のため、注入箇所とその周辺に内出血がでる場合があります。特に、鼻の皮膚が薄い方は内出血が出やすいです。

個人差にもよりますが、目立たなくなるまでには約1〜2週間ほどかかります。

その期間は、コンシーラーやファンデーションを使用することで、目立たなくさせることができるでしょう。

鼻のヒアルロン酸注入後のダウンタイムの過ごし方

《施術当日は激しい運動・飲酒・入浴を控える》

個人差があるものの、施術当日は腫れ・痛み・内出血などがあります。その期間に激しい運動・飲酒・入浴など、血行が良くなる行動をしてしまうと、それらの症状が強くなったり長引いたりする原因につながります。

そのため、最低でも当日は控えるのが望ましいです。

翌日以降でも、血行が良くなって腫れ・痛み・内出血がひどくなった場合には、もう少し期間を空けてから行いましょう。

《メガネやサングラスは約3日ほど使用を控える》

ヒアルロン酸注入後から約3日ほどは、メガネやサングラスの重みによって形が変わってしまう恐れがあります。

そのため、約3日ほどは使用を控える方が良いでしょう。

使用禁止というわけではありませんが、使用する時間が短い方が望ましいです。

《マッサージやエステは1週間ほど控える》

メガネやサングラスの使用に関する注意点と同様に、マッサージやエステなども外から力が加わるため、形が変わってしまう可能性が考えられます。

そのため、マッサージやエステは1週間ほど控えると良いでしょう。

《異常な赤み・腫れ・熱感は早めに医療機関に相談する》

鼻に注入するヒアルロン酸は、もともと体内に存在する成分のため、アレルギーが起こる可能性は低いと言われています。

しかし、低品質なヒアルロン酸や麻酔薬などによっては、アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

特に、腫れ・痛み・赤みが術後よりも悪化している場合や1週間以上続いているという場合には、アレルギーも考えられるため、早めに医療機関に相談してください。

鼻のヒアルロン酸注入に不安な方は、一度カウンセリングでご相談ください

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。

それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容・形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年6月
   
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives