M型口唇形成術(アヒル口形成術)(1)上口唇切除(縮小)術+口角挙上術 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

酒井院長 ドクターブログ

酒井院長 ドクターブログ

M型口唇形成術(アヒル口形成術)(1)上口唇切除(縮小)術+口角挙上術

こんにちは。

今回は、アヒル口のご希望で、上くちびるのM型口唇形成術と、口角を上げる口角挙上手術を行った症例です。

口唇切除術(縮小術)は、唇を弧状に少し切除して、唇のボリュームを減らしてすっきりします。

M型形成も切除しますが、減らす部分は弁状に切開して、その組織を膨らます部分に移動させて、メリハリのあるM型になります。

さらにメリハリを強く出す場合は、皮弁形成を併用することがあります。

 

口角挙上術は、口角部分を弁状に切開して、口角を斜め上に引き上げて縫合します。

表情筋と連動するように筋肉に向かって吊り上げています。

 

術前と、術後4か月の経過です。

 

M型口唇形成で、すごくメリハリのあるM型になりました。

口唇縮小術では、唇の赤い部分で切開するので、しばらくは腫れがありますが、傷跡はほとんど目立たなく治癒します。

もちろん、ヒアルロン酸注入でもぷっくりしたM型口唇が作れますのでお勧めです。

手術だと、よりはっきりとしたM型にできます。

 

 

口角挙上術は、口角の引き上げ効果は非常に良いですが、赤みが出やすい部分なので、2−3ヶ月はメイクでのカバーをしていただく必要があります。

もちろん個人差はあって、赤みがほとんど出ない方もいらっしゃいます。

 

口角を上げるには、他にヒアルロン酸注入ボトックスなどの注射もあります。

ダウンタイムはやや長めですが、手術の方が、口角挙上の効果が高いです。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックではコロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

カウンセリングに出かけにくいという状況でもあります。Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。
少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

美容外科ランキング

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。

calendar

2020年7月
   
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives