両目の左右差について | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

矢沢副院長ドクターブログ

目の整形手術

両目の左右差について

こんにちは。

今回は、目の左右差についてです。

 

まぶたの美容手術では、目の左右差の調整にとても気を使います。

目の左右差とは、どこに差があるのかを紐解いていくと、

① 二重の形・幅の左右差

② 目の開きの左右差

③ 眉毛の高さの左右差

④ 下まぶたの形や高さの左右差

などが挙げられます。

 

④に関しては、下まぶたの縁のラインに左右差があると、どちらかが吊り目傾向だったり、黒目の出方が左右で異なったりします。

たれ目形成で左右差を揃えていく方法もありますが、骨格(眼窩)の左右差が原因の事もありますので、手術の適応なのかどうかを検討する必要があります。

 

上まぶたの手術に関連してくるのは、①・②・③の項目です。

それぞれの項目が複雑に絡み合って、結果として目の左右差として認識されます。

 

左右差を気にされている方の場合、目の開き具合が違うことが多いです。

利き目というものがあって、人は左右どちらかの目を中心に物を見ています。

そうすると、両方の目を開けているつもりでも、利き目をより開けようとするため

目の開き具合が違ってきます。

 

また、目をしっかり開けようとすると、額の筋肉を使い、眉毛を持ち上げる癖が出てくることもあります。

眉毛を持ち上げる癖も、左右どちらかを強く持ち上げていることが多いです。

 

目の開き具合や眉毛の持ち上げ具合に連動して、二重の形や幅が変化します。

例えば、目を大きく開くと二重幅は狭くなりますし、眉毛が上がりますと広くなります。

二重の左右差は、生まれ持ったまぶたの解剖的な違いでも生じますが、上記の様々な要因が加わった結果、二重の左右差が生じています。

そのため、手術での左右差の調整は決して簡単ではありません。

 

左右差を気にされている場合、患者様がどこまでの対称性を目指しているのか、把握する必要があります。

少しの左右差は許容できるのか、かなり完璧に対称性を求めているのか、診察でお話してシミュレーションしながらチェックしていきます。

 

左右対称性にこだわりの強い患者様には、もともと顔は左右差があって、それがむしろ人工的でない自然なイメージになっていることを説明することもあります。

例えば、女優の綾瀬はるかさんは、目の左右差が意外とあります。

それでも、不自然さやマイナスのイメージは与えていないと思います。

 

例えば、下の写真は、実際に二重切開手術をされた患者様の術前術後です。

術後の状態を細かく見ると、目の開きに若干の左右差があり、二重の幅もわずかに違っています。

ただ、この違いであれば、左右差ほぼ無しという結果と言っても良いと思います。

手術の結果としては、左右差の調整はこのあたりが限界だと思います。

もちろん、やや気になる程度の左右差が残ってしまうケースもあります。

その場合は、必要に応じて小修正を加えることもあります。

 

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします!

 ↓ こちらを押していただければうれしいです!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

calendar

2019年4月
   
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives