まぶたのくぼみ治療 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

矢沢副院長ドクターブログ

目の整形手術

まぶたのくぼみ治療

こんにちは。

今回は、まぶたのくぼみ治療についてです。

たるみと同じく、くぼみ目も年齢を感じさせる要素ですので、気になる方もいると思います。

痩せてもくぼみ目になりますが、眼瞼下垂でもくぼみ目になります。

大泉洋さんは、まさに眼瞼下垂のくぼみ目です。

 

眼瞼下垂でくぼみ目になる理由は、目を開く筋肉が外れて、脂肪と一緒に奥に引き込まれるためです。

 

 

眼瞼下垂の手術では、筋肉を元に戻すだけでなく、脂肪も元のところまで引き出して固定します。

残っている脂肪の量にもよりますが、この処置でくぼみ目は改善します。

眼瞼下垂だと加齢とともにくぼみ目が目立ってくるので、整形手術というよりは、昔の若い頃の目に戻すイメージです。

 

 

お写真のような重度の眼瞼下垂だと、手術ですごく若返ります!

変わりすぎて戸惑うかもしれませんが、若い頃の目に戻っているだけです。

 

眼瞼下垂手術は切開手術なので、目立つ腫れや内出血が落ち着いてくるまでは2~3週間です。

ダウンタイムが長いので、ご友人に気を使うかもしれませんが、

整形手術じゃなく眼瞼下垂という病気の治療!と告げて、堂々と手術を受けられる方もいます。

 

ダウンタイムが気になる場合は、切らない下垂治療目力(めぢから)アップもあります。

目力(めぢから)アップ、瞼の裏側に糸をかけて、眼の開きを良くします。

糸でかけるのみなので少し後戻りする可能性はありますが、ダウンタイムは少なめで傷跡が残らない治療ですので、もっとお気軽に治療が可能です。

 

大泉洋さんはむしろそのままで味があるかもしれませんが、一般の方には下垂の治療をお勧めします!

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします

 ↓ こちらを押していただければうれしいです

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

↓ Dr矢沢 Instagram はこちら

Instagram

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

 

城本クリニック横浜院・長野院 での診療も行っています。

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

 

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

 

美容治療のリスクについて

・モニター症例は、あくまで一例になります。同様の効果を保証するものではありません。
・どのような治療にも限界がありますので、患者様の主観的な希望にすべてお答えできない場合があります。
・治療の結果や経過については個人差があります。特に、治療後の痛みの感じ方、腫れ方、傷の治り方などは、個々の組織や肌などの状態によって変わってきます。
・治療には、想定外の結果も考えられます。また、患者様が満足できる結果を得るために再治療が必要になる場合もあります。特に外科治療においては、出血、傷からの感染、傷跡などのリスクがあります。

calendar

2020年8月
   
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives