乳房・乳輪乳頭の手術 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

乳房・乳輪乳頭の手術

乳房・乳輪乳頭の手術

脂肪注入での豊胸術②

こんにちは。

今回は、脂肪注入での豊胸術の症例になります。

当院では、ご自身から採取する脂肪を使用した豊胸手術を得意としています。

脂肪による豊胸術は、ご自身の脂肪を移植しますので、仕上がりと触り心地が自然で、不自然な経年変化が起こらないという安心感があります。

しかし、シリコンバックによる豊胸術と比べて、サイズアップにはある程度の上限があります。

当院ではなるべくサイズアップさせる目的で、一般的な注入量よりも多めに脂肪を注入しています。

多めに脂肪を注入すると、逆に生着率が悪くなったり、しこりを生じるなどのリスクがあります。

私の場合は、乳房の深い層から浅い層まで均等に脂肪を注入するテクニックで、リスクを最小限としながら、できる限りのサイズアップを可能にしています。

脂肪は、通常は太ももから吸引して採取しますが、ご希望や状況に応じて、腹部や腰部、二の腕などから採取することもあります。

実際の症例をお示しします。術前と、術後5か月の比較です。

モニターのご協力ありがとうございました。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。
Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
48時間以内にご返信するよう心がけますが、少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

脂肪注入での豊胸術①

こんにちは。

豊胸術 は、一般的にも認知度が高い美容外科手術の一つです。

豊胸術といっても、胸を大きくするための手段として大きく3つの方法が挙げられます。

シリコンバックを挿入する方法、ヒアルロン酸製剤を注入する方法、そして、ご自身の脂肪を注入する方法になります。

当院では、ご自身から採取した脂肪を使用する豊胸術を得意としています。

メリットとしては、

・ご自分の脂肪を使用しますので、異物反応などのリスクがありません。

・触り心地や形がごく自然で、年齢を重ねても不自然な変化は起こりません。

デメリットとしては、

・脂肪が十分に採取できても、脂肪の生着率が限られるので、2カップほどのサイズアップが上限になります。とくに痩せ体型で脂肪が十分にない方の場合、ご希望のサイズアップが難しいこともあります。

・脂肪を採取するために、別の部位から脂肪を吸引する必要があります。(原則、太ももが多いです。)

・非常にまれですが、脂肪の一部がしこり状になることがあります。

 

当院での脂肪注入は、他院よりも多めの脂肪を注入していると思います。

しかし、ただ多量に注入するだけでは、脂肪が生着しないばかりか、しこりが生じるなどのリスクも高くなります。

私の場合は、乳房の深い層・浅い層に分けて細かく均等に注入するテクニックによって、多めの脂肪を注入しつつも生着率が高い、良好な結果を出しています。

実際の症例をお示しします。術前と、術後3ケ月の比較です。

モニターのご協力ありがとうございました。

 

乳房の形状が非常に自然だと思います。

触った感じも、ご自身の脂肪ですから全く違和感はありません。

ご興味がおありの方は、ぜひカウンセリングにお越しください。

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。
ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。
Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
48時間以内にご返信するよう心がけますが、少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

国際美容医療研究会のセミナー講師をしてまいりました。

国際美容医療研究会という美容医療のエキスパートが参加している研究会があります。
先日の日曜日、「再生医療を考える 脂肪注入療法の今」というテーマで、光栄にもセミナーの講師を仰せつかりました。
セミナーといっても各クリニックですでにご活躍中の先生方を前にお話しさせていただきますから、しっかりと身のある講演をさせていただくプレッシャーもございます。
今回は、「乳房および顔面における、実際の臨床の脂肪移植」をテーマにしたセミナーでした。
日本を代表する脂肪移植手術を行っている三名のドクターなんてご紹介いただきました。
(な~んて、自分で言うのはおこがましいのですが、そのようにご紹介いただきました。)
総論的な内容を、いちだクリニックの市田先生にご講演いただきました。
その後に三名の講師によるプレゼンテーションです。
聖心美容クリニックの鎌倉先生、城本クリニック銀座院の酒井(私です、笑)、ザ・クリニックの大橋先生が、各40分のプレゼンテーションを受け持ちしました。
それぞれ、セルーションによる移植、私のオリジナル法、コンデンスリッチファット移植、3つを比較しながらの発表でした。


城本クリニック銀座院でもコンデンスリッチファット移植は行っておりますが、今回はオリジナル法のみで発表です。
実際の臨床例を最も多くプレゼンしたのと、結果もとても良かったことで、一番多くのご質問をいただいたように思います。

このようなセミナーですから、いただくご質問も実際的です。
「移植する脂肪はどのように処理なさっていますか?」
「乳房では、どの深さにどれくらいの量を移植していますか?」
「一カ所についき何CC移植していますか?」
「おでこでは、どの深さにどれくらいの量を移植していますか?」
「術後のケアはどのようにしてますか?」
などなど。
鋭いご質問もいただきながら、講演させていただいた私にとっても、有意義なセミナーであったと思いました。
ご参加いただいた先生方にとっても、良い内容であったことを願います。

セミナーの後は、ちゃっかり懇親会でお酒をいただいてきました(笑)。
一仕事終えてからのビールは格別に美味しかったです!

こちらのアメブロには、検閲上の自粛から、お胸の写真をご紹介することができないのですが、銀座院にお越しいただけましたら、様々な臨床例をご覧いただくことが可能です。

城本クリニック銀座院はTEL 03-5537-6645です。
お電話やメール(ginza@shiromoto.to)でのご質問もお受けしております。
ホームページはこちらです。
お気軽にご相談にいらして下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

第36回 日本美容外科学会総会で発表してきました その1

今週、10月17日~18日は日本美容外科学会総会が開催されています。
美容外科の学会では最も規模の大きな学会です。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
第36回総会の会長は、聖路加国際病院形成外科部長の大竹尚之先生です。
会場は、銀座院にもほど近い有楽町フォーラムです。
初日の木曜日は、International Panelというセッションで、脂肪移植による豊胸術の発表をしてきました。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
発表後に会場の会員の方々から、たくさんご質問をいただきました。
私の発表が、より実際的であったからと、結果がとても良いからだろうと(なんだか自慢っぽいですが、笑)、思っています。
パネリストは私以外にも、日本から2名、また、フランスからCatherine Bergeret-Galley先生が発表なさっておりました。
パネル発表後に討論会をいたしました。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
発表後には感謝状をいただきました。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
発表が終わってから、数名の先生から、手術を見学させて下さい、とのお話をいただきました。
嬉しいことです。
さて、こちらは学会前夜祭の会長招宴の様子。
会長である大竹先生と、北里大学形成外科美容外科の武田助教授とスリーショットです。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
脂肪移植による豊胸術にご興味のある方はお気軽にカウンセリングにいらして下さい。
城本クリニック銀座院はTEL 03-5537-6645です。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

calendar

2018年12月
   
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives