鼻の整形 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

鼻の整形

鼻の整形

鼻の整形・・・鼻プロテーゼ+耳介軟骨移植

こんにちは。

鼻の整形手術は、クリニックによっても治療内容やお勧め治療が異なるので、混乱してしまうこともあるかと思います。

まず、鼻の整形でニーズの多い要望としては、大まかには下記のようにまとめられるかと思います。

①鼻先・小鼻を縮小したい

②鼻筋・鼻先を高くしたい

③鼻先の向きを変えたい(アップノーズの改善など)

 

鼻の手術は、個々の患者様に応じて必要な手技パーツを選んで組み合わせて一つの手術にする、というイメージです。

元々の鼻→目指す鼻への変化の度合いと、患者様のご希望を加味して、最適の方法をお勧めすることになります。

 

今回の患者様は、すでに他院で鼻中隔延長術耳介軟骨移植の手術をされていて、修正希望で来院されました。

・もっと鼻筋を通して高くしたい

・それに合わせて鼻先も高くすっきりしたい

・鼻を長くしたい

というご希望でした。

 

すでに鼻中隔軟骨による鼻中隔延長術をされているので、鼻中隔延長をやり直す場合は、肋軟骨(肋骨の一部)が必要になります。

鼻中隔延長術はしないで、もっと軽めの内容で最大限の効果を出す方法

・・・ということで、今回は耳介軟骨移植鼻プロテーゼの挿入術を行いました。

耳介軟骨は、前回採取されていない側から採取します。

鼻先には、軟骨を2枚重ねて移植します。

鼻柱にも移植して、鼻先を下げつつ鼻を長くする延長効果を出しました。

鼻筋には、I型のプロテーゼを入れています。

(耳介軟骨を使わずにL型プロテーゼで済ませる方法もありますが、L型は鼻先への負担が大きく、プロテーゼのトラブルのリスクが高くなるので、私の場合は使用していません。)

まとめると、下図のように移植したことになります。

患者様の術前と術後1か月半の比較写真になります。

モニターのご協力ありがとうございました。

鼻中隔延長術ではありませんが、鼻先は下に伸びて、延長効果が出ていると思います。

今回は鼻の曲がりもありましたので、曲がりを矯正するようにプロテーゼを加工して、移植位置も調整しています。

曲がりを治すには細かな調整が必要ですので、鼻柱部分を切開(オープン法)していますが、傷跡はほとんど目立たなくなります。

クローズ法でも可能な手術ですが、鼻尖縮小効果をなるべく出すには、オープン法にする方がお勧めです。

 

このように、プロテーゼ + 耳介軟骨移植でも、ある程度の鼻中隔延長効果が出せます。

 

 

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします!

 ↓ こちらを押していただければうれしいです!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

鼻尖縮小術・・・ストラット法+耳介軟骨移植

こんにちは。

鼻で最も多いお悩みは、団子鼻 ではないでしょうか?

団子鼻を細くすっきりさせる手術を、鼻尖縮小術 といいます。

 

ひとことで鼻尖縮小術といっても、具体的にどのような内容の手術をするかは、クリニックや執刀する医師によって様々です。

たとえ同じクリニック・同じ医師であっても、個々の鼻の形や目指す鼻の形によって、手術内容は変わってくると思います。

 

今回は、ストラット法という方法で鼻尖縮小術を行った患者様をご紹介します。

モニターのご協力、ありがとうございました。

 

ストラットとは、柱を意味します。

鼻の中心に軟骨の柱を立てて、鼻先をしっかり支えるという内容の術式になります。

 

鼻先の構造は、このようになっています。

左右の鼻翼軟骨が、翼を広げるようにして鼻先と小鼻を形作っています。

最もシンプルな鼻尖縮小術は、左右の鼻翼軟骨をお互いに縫いよせる方法です。

この方法でも効果はあるのですが、鼻先が上に向いていく傾向があります。

なぜかというと、鼻翼軟骨は鼻の上の方に翼を広げたような形なので、お互いを寄せていくと、鼻先のピークが上方向になってしまいます。

もともと下向きの鼻先であれば問題ないですが、アップノーズだった場合は、さらに目立ってしまう可能性もあります。

そうなると、団子鼻が良くなっても、アップノーズ(いわゆるブタ鼻です)が気になってしまいます。

 

アップノーズにならないための方法のひとつとして、ストラットを使用します。

鼻翼軟骨の間に、耳の軟骨を重ねて作ったストラットをサンドイッチのように挟み込んで、縫いよせます。

ストラットを支えに鼻翼軟骨を縫いよせるので、前方向に出る形になります。

鼻翼軟骨を縫いよせるだけの方法に比べて、鼻先をより細く高くする効果もあります。

耳の軟骨を重ねたものを鼻先に移植することで、さらに鼻先がシャープになります。

 

鼻中隔延長術に比べると鼻先を高める効果はマイルドになりますが、

鼻尖縮小の効果をしっかり出したい患者様には、ストラット法は良い適応だと思います。

 

モニター様の術前術後です。

鼻筋へのプロテーゼは使用せず、鼻尖縮小術のみですが、かなりイメージは変わったかと思います。


 


 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします!

 ↓ こちらを押していただければうれしいです!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 


ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

第36回 日本美容外科学会総会で発表してきました その2

学会には全国から美容外科や形成外科が集まります。
初日の夜は懇親会。
けたたましい音に驚いていたら、入り口から、なんとサンバの集団!
浅草のサンバチームの踊りで盛り上がっています。
あやうく一緒に踊らされるところでした(笑)。
あぶない、あぶない。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
1年ぶりにお会いするような先生方とご挨拶したり、談笑したり。
サンバが大音量だったので、他の方との話し声が大声です(笑)。
上海で開業なさっている、盛(せい)虹明 先生と。
実は私が横浜市大に在籍していた頃に一緒に仕事をしておりました。
久しぶりの再会です!
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
盛 先生、今度、上海に遊びに行きますね!
さてさて、この懇親会では食事は我慢して。。。
早めに切り上げて、別口で親睦会を開催。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
大阪、京都、札幌などなど、遠方からご出席の先生方と食事会です。
学会に出席して勉強したり、発表するのも大切ですが、こういった貴重で楽しい時間を共有できるのも、とっても幸せなことであります。
城本クリニック銀座院はTEL 03-5537-6645です。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

calendar

2019年11月
   
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives