豊胸・バスト形成 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

豊胸・バスト形成

豊胸・バスト形成

ヒアルロン酸注入豊胸の費用|費用の相場や値段を見るときの注意点を紹介

切らないで比較的簡単に行うことができるヒアルロン酸注入による豊胸手術は、非常に人気がある豊胸術のひとつです。

今回は、ヒアルロン酸注入豊胸にかかる費用について紹介していきます。施術にかかる費用の相場から、値段を見る際に注意するべきポイントについてわかりやすく解説します。

ヒアルロン酸注入豊胸について

ヒアルロン酸注入豊胸のメリットは、切開を伴わない注射のみの施術であるため痛みや傷などのリスクが低い点にあります。施術時間は15~30分程度で、施術が終わったらすぐに帰宅することが可能です。

デメリットは効果が持続しにくい点や他の方法に比べると劇的な見た目の変化を期待しにくい点にあります。

 ヒアルロン酸注入豊胸の費用について

《ヒアルロン酸注入豊胸の費用の相場》

ヒアルロン酸注入豊胸の費用相場は、1ccあたり2,000〜5,000円程度です。

両胸を1カップ分ずつサイズアップさせるために必要な費用は400,000〜800,000円程度と言われています。希望するサイズによって費用が異なる点には注意が必要です。

”量の目安としましては、片胸のバストアップに大体80〜100cc程の量を注入することで効果を実感することができます。 仮に100ccずつ胸に注入したとすれば、両胸合わせると200cc注入することになり、40万〜80万円程で施術を受けることができるでしょう。”

引用:美容医療相談室【ヒアルロン酸豊胸|相場からデメリット、正しい知識まで幅広くご紹介】

《銀座S美容形成外科クリニックでの治療費用》

銀座S美容形成外科クリニックでヒアルロン酸注入豊胸での施術を受ける場合、10ml(=10cc)あたり約77,000円~施術を受ける事が可能です。

銀座S美容形成外科クリニックのヒアルロン酸注入豊胸の費用についてより詳しく知りたい場合は、お気軽にメール相談からご相談ください。

《豊胸の値段がクリニックによって異なる理由》

豊胸手術を行っているクリニックは多くありますが、クリニックによって費用は異なります

これは美容外科が基本的に健康保険が適用されない自由診療であり、クリニック側が自由に料金を設定できることが理由として挙げられます。

そのためクリニック側のの広告宣伝費や人件費、立地、ブランド力の違いなどの様々な要因によって料金が設定され、クリニック毎に費用の差が生まれることになります。

ヒアルロン酸注入豊胸の費用が安い場合の注意点

 

《施術費用に、諸費用が含まれていない》

費用を確認する際に重要なのが、費用に含まれている内容です。

ホームページなどに記載された費用が安くても、麻酔やデザイン、アフターケアなどの代金が別料金で請求されてしまい、結果的には相場よりも費用が高くなるケースがあります。

そのため、事前のカウンセリングで見積もりを出してもらい比較検討することが重要です。

《品質に問題がある》

費用が相場よりも安いクリニックでは、使用するヒアルロン酸の品質を落としている可能性があるため注意が必要です。

安すぎる費用を提示している場合は、使われる薬剤に問題がないかをあらかじめ確認しましょう。

《客引きを目的に費用を安くしている》

クリニックの中には客引きを目的として費用を安く提示しているところもあります。

このケースでは、カウンセリングでより高額な施術や必要のないオプションを提案されたり、理由をつけて提示した費用よりも高額な請求をされたりすることが考えられます。

《症例数・技術力向上のために値段を安くしている》

開業して間もない、あるいは経験の浅いドクターがいるクリニックでは症例数を増やしたり経験を積んだりするために値段を安く抑えていることがあります。

しかし、こうしたドクターに手術をしてもらうことは失敗のリスクを高めるため注意が必要です。

安さではなく、専門性・技術力の高さで選ぶ

豊胸手術は値段の安さでクリニックを選びがちですが、それだけを基準にすると後々の金銭トラブルや、不自然な仕上がり持続性がないといった失敗のリスクに繋がります

クリニックを選ぶ際は美容外科医としての勤続年数や美容外科のベースと言われる形成外科出身、また研究や学会で発表しているドクターかなどを指標に、経験のある技術力の高いクリニックを選びましょう

ヒアルロン酸注入豊胸術をご検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

シリコンバッグ豊胸のリスク|7つのリスクとリスク回避のポイントを紹介

胸の大きさを自在に大きくすることができることから、世界中の女性の間でシリコンバッグ豊胸が人気を集めています。

しかし、シリコンバッグ豊胸にはリスクがあることをご存知でしょうか。施術を検討する際にそのリスクについて理解を深めておくことはとても大切です。

そこで今回は、シリコンバッグ豊胸のリスクについて詳しく説明をしていきます。

《シリコンバッグ豊胸とは》

シリコンバッグ豊胸は、胸の大きくしたい部分にシリコン製のバッグを挿入します。

シリコンバッグを挿入するためにはメスを使った外科手術を行う必要がありますが、その分確実にバストアップすることができる点は、他の注入系の施術と比べてメリットと言える点です。

理想の大きさのバストにしたい方は、この方法を選ぶとしっかりとバストにボリュームを得ることができます。

シリコンバッグ豊胸で起こりうるリスク

《カプセル拘縮》

シリコンバッグ豊胸で起こり得るリスクとして多いのがカプセル拘縮の症状が出ることです。

これはまず挿入したバッグを身体が異物と認識することで、カプセルの周辺に被膜を形成します。すると、被膜が厚くなり固くなるため、不自然な見た目や触り心地に影響を与えます。

最悪の場合破損してしまうリスクもあるので注意が必要です。

《石灰化》

石灰化とは石のようにバッグの一部がかたくなる症状で、バッグの挿入時に被膜が形成されてカルシウムが沈着してしまうことで起こります。

石灰化によって、バッグの老朽化が進んだり破損を招いてしまうこともあります。

《シリコンバッグの変形》

シリコンバッグ豊胸で起こり得る症状でシリコンバッグが変形することによっておこるリスクがあります。

リップリングやダブルバブルがその例です。リップリングとは胸の表面が波を打った感じになり、一部に盛り上がりをみせることもあります。

起こる原因としては、医師の技術力不足によってシリコンバッグの縁にヨレや曲がりが生じてしまうことなどが挙げられます。

ダブルバブルとは胸が鏡餅のように二段になる症状です。これらは医師の技術不足や大きすぎるバッグを使うことが原因で起こる症状です。

《左右差》

シリコンバッグ豊胸では左右の大きさに違いが出たり、乳頭の位置が非対称になったり、アンダーバストの位置が水平でなくなることがあります。

これは医師の技術不足で非対称に挿入してしまったことや、カプセル拘縮バッグの破損などの理由が考えられます。

《バッグの破損》

シリコンバッグの豊胸でバッグが破損すると、急に胸の形が不自然に変形したりしぼむことがあります。

原因はバッグの劣化やカプセル拘縮、交通事故などの外部からの圧力などが考えられますが、不自然に形が変形した時にはバッグの破損が疑われます。

《乳がん検診への影響》

シリコンバッグ豊胸はマンモグラフィーを断られるなど、乳がん検診に影響を及ぼす可能性があります。

また、豊胸がばれたくないため検診を受けない選択をしてしまう方が多いことも、乳がんを見逃してしまうリスクを高めると言えるでしょう。

《メンテナンスが必要になる》

半永久的と言われるシリコンバッグ豊胸ですが、10から15年程度でメンテナンスや修正が必要となります。

人工物を体内に入れるわけですので、必ずしも問題が起こらないとは限りません。半永久的な効果が得られるが、場合によってはメンテナンスや修正が必要になる可能性があることをしっかりと理解しておきましょう。

シリコンバッグ豊胸のリスクの可能性を下げるためにできること

《定期的に診察・検査を受ける》

シリコンバッグで豊胸した場合は、定期検診や診察を受けると良いでしょう。そうすることで、破損や変形を早期発見することが可能となります。

《専門性・技術力の高い医師を選ぶ》

シリコンバッグを使った豊胸手術を受ける時にはドクターの経歴や出身科、学会での発表の有無などを確認し、カウンセリングを丁寧にしてくれるかなどを総合的に判断してクリニックや医師選びをすることが大切です。

技術力や専門性が高いドクターをえらぶことでシリコンバッグの変形や非対称、バッグの破損などのリスクを防ぐことができます。

シリコンバッグ豊胸はリスクだけではなく、様々なメリットがある

シリコンバッグ豊胸は痛みやその他のデメリットもありますが、サイズを大きくアップさせることができる有効なバストアップ方法です。挿入したシリコンバッグの大きさ分は確実にバストアップしますし、持続性のある手術法です。

施術を検討する際には、施術のメリットとデメリット・リスクの双方についてしっかりと理解を深めておくことがとても大切です。

シリコンバッグ豊胸をご検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

ヒアルロン酸注入豊胸のリスク|4つのリスクとその対処法を詳しく解説

ヒアルロン酸注入豊胸手軽にできる豊胸術として注目を集めています。しかし、この施術にはメリットだけでなく、リスクもあることを知っておく必要があります。

そこで今回は、ヒアルロン酸注入豊胸で起こることのある4つのリスクとその対処法について詳しくご紹介していきます。

《ヒアルロン酸注入豊胸とは》

この豊胸術はヒアルロン酸を胸に注入することにより、バストアップするという方法です。注射だけなので傷跡が残ることはありませんし、体への負担も少ないことで人気となっています。

バスト全体を大きくできることはもちろん、注入する部位によってバストのデザインができることもポイントです。ハリのあるバストが欲しいという人にも向いています。

ヒアルロン酸注入豊胸のリスク

《胸が硬くなる可能性がある》

この豊胸術では顔に使うものよりも粒子の大きいヒアルロン酸を使用することになります。顔向きのものは液状に近いのですが、豊胸向きのものはほぼ固形であり、シリコンバッグと同じくらいの硬さがあるということです。

もともと胸が小さく脂肪がほとんどない場合、ヒアルロン酸を直接触っているような状態になるため、バストが硬いと感じてしまうことが多いようです。また、乳腺化ではなく皮下に注入された場合も硬さを感じやすいということです。

《しこりができる可能性がある》

豊胸に使われるヒアルロン酸は体内にもともと存在する成分なので安全性が高いと言われています。

しかし、体にとってはやはり異物ですし、拒絶反応が起こってしまいます。この拒絶反応が強く出ると被膜が厚くなるため、分解することができずにしこりとして残ってしまうのです。

しこりの原因としては質の悪い製剤を使ったことや一度に大量に注入したこと、短期間で繰り返し施術を行ったことなどが挙げられます。

《アレルギーを引きこす可能性がある》

この豊胸術にはアレルギーを引き起こす可能性もあると知っておきましょう。注射に含まれるヒアルロン酸以外の物質がアレルゲンとなってしまうこともありますが、注入したヒアルロン酸自体が体にとって異物と認識されてしまうこともあります。

アレルギーを引き起こした場合、肌の赤みや腫れ、熱感などの症状が出てしまうので注意が必要です。

《感染症を引き起こす可能性がある》

この豊胸術のリスクとして感染症が挙げられます。感染症は手術中や手術後に体に入った細菌によって引き起こされます。

細菌がヒアルロン酸の周囲で炎症を起こすということですが、これはヒアルロン酸注入以外の豊胸術でも起こる可能性のあるリスクです。

感染を起こすと、施術後に痛みや赤み、腫れなどの症状が出てしまうことがあります。症状がなかなか治まらない場合は感染が疑われるのでドクターに相談しましょう。

ヒアルロン酸豊胸のリスクへの対処法

《ヒアルロン酸注入豊胸で胸が硬くなった場合の対処法》

この豊胸術で胸が硬くなった場合、ヒアルロニダーゼという分解酵素によってヒアルロン酸を溶解するという対処法があります。また、しこりを注射器などで吸引するという方法もあります。

胸が固くなってしまうというリスクを避けるためには、繰り返しの注入を避けることもポイントです。

《ヒアルロン酸注入豊胸でしこりができた場合の対処法》

この豊胸術でしこりができた場合、ヒアルロニダーゼによってヒアルロン酸を溶解することで対処が出来ることがあります。

またしこりが瘢痕化(しこりが炎症を起こし被膜が線維化してしまっている状態)してしまっている場合は、切開してしこりを除去するという対処法があります。

ヒアルロン酸注入豊胸のリスクの可能性を下げる方法

《費用の安さではなく品質の高さで選ぶ》

この豊胸術のリスクを下げたいなら費用だけで選ぶのはやめましょう。注射の値段は製剤の種類によって異なっています。

しかし、値段が安すぎる場合は品質の悪い製剤を使っている場合があり、副作用のリスクが高まると言われています。

《次の注入は期間を空けてから受ける》

この豊胸術のリスクを下げたいという場合、次の施術はある程度期間を空けてから受けることが重要です。

短期間で施術を繰り返すと吸収されずに残ったヒアルロン酸がしこりになってしまうこともありますし、胸が硬くなることもあるので注意しましょう。

《専門性・技術力の高い医師を選ぶ》

この豊胸術のリスクを下げるポイントとして、専門性や技術力の高いドクターを選ぶということが挙げられます。

豊胸術はドクターの腕とセンスによって仕上がりが異なりますし、経験の浅いドクターが施術をすると左右の胸の大きさに違いが出てしまうといったこともあります。

まずはホームページでドクターの経歴などをチェックし、カウンセリングに行って良し悪しや相性をみてみると良いでしょう。

ヒアルロン酸注入豊胸はメリットも多くある施術

ヒアルロン酸注入豊胸にはリスクもありますが、メリットもたくさんあることを知っておきましょう。

手術ではなく、注射のみの施術なのでダウンタイムが短いですし、仕事などで忙しい人でも手軽に受けることができます。また、夏など露出の多い時だけバストアップしたいという人にもおすすめです。

ヒアルロン酸注入豊胸のリスクが不安ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年8月
   
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives