美容皮膚科 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容皮膚科

美容皮膚科

ヒアルロニダーゼ|効果・メリット・デメリットを紹介

プチ整形として人気のあるヒアルロン酸注射ですが、その特徴の一つにヒアルロニダーゼを注入することで分解出来るため修正しやすいという点が挙げられます。

このヒアルロニダーゼとはどのようなものなのでしょうか。ここではヒアルロニダーゼについて良い点や悪い点も含めて詳しく解説します

ヒアルロニダーゼとは

ヒアルロニダーゼというのはヒアルロン酸の酵素で、ヒアルロン酸注入に失敗した時に注入することで内部のヒアルロン酸を分解したり、肌にできてしまった凸凹を修正したりする「ヒアルロン酸除去」に活用されています。

なお、もともと肌が持っているヒアルロン酸に影響することはないと言われています。

《ヒアルロニダーゼを注入した際の経過》

ヒアルロニダーゼを注入した場合、早い人では1日程度で効果が出ることもありますが、場合によっては数日から1週間程度の経過観察が必要になります。また注入するヒアルロニダーゼの質や量にも左右されます。

また、ヒアルロン酸の注入量が多かった場合や完全な除去を望む場合には複数回の施術が必要になる可能性があります

ヒアルロニダーゼのメリット

ヒアルロニダーゼは鼻だけではなく、ほうれい線や額のしわ、豊胸などで注入したヒアルロン酸も分解できるとされています。

ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収される特徴がありますが、注入の失敗を吸収されるまで放置することは苦痛が伴うため、短期間で対処可能なこともヒアルロニダーゼのメリットと言えるでしょう。

また、ヒアルロニダーゼは一部分のみ作用させることは難しく注入した部位全体のヒアルロン酸を分解しますが、分解後は新たにヒアルロン酸注入による成型が可能です

ヒアルロニダーゼのデメリット・リスク

《1回のヒアルロニダーゼでは溶かせない可能性がある》

過去に注入されたヒアルロン酸の量が多かった場合、ヒアルロニダーゼを1回注入しただけではすべてを除去できない可能性があります。

こうした場合には、ヒアルロニダーゼの量を追加して注入を行うなどの対処が必要です。また、ヒアルロニダーゼの質によっては分解の力が弱く、何度も注入しなければ分解し切れないということもあります。

《アレルギーを引き起こす可能性がある》

稀にヒアルロニダーゼがアレルギー反応を引き起こす場合があります。

これは注入前にアレルギー検査を行うことで確認できますが、もしアレルギー反応を引き起こした場合には施術後、2週間程度赤みやかゆみが続くこともあります。

アレルギー体質などで心配な場合は、施術前にアレルギー検査を受けることをおすすめします。

《ヒアルロニダーゼでは溶かせないものもある》

ヒアルロニダーゼを注入して分解・除去ができるのは過去に注入したヒアルロン酸だけです。

非吸収性のものやポリアクリルアミドなどの樹脂、ハイドロキシアパタイト(水酸化燐灰石)などの異物を注入している場合はヒアルロニダーゼでは除去できません。

長期間体内に入れておく弊害や腫瘍などの発症の危険からこれらを除去をするためには、切開が必要になる可能性が高いです。

ヒアルロニダーゼの痛み・麻酔について記載

ヒアルロニダーゼを注入する時には、クリーム麻酔や場合によっては部分麻酔を使用することもあります。そのため、個人差はありますが施術中に痛みを感じることはほとんどありません。痛みに特に弱いという方はカウンセリング時に医師に相談しましょう。

ヒアルロニダーゼのダウンタイムについて記載

人によって個人差はありますが、ダウンタイムはほとんどないと言ってもいいでしょう。

稀に腫れが出てしまう人もいますが、1~2日程度がピークでその後は時間経過とともに徐々に解消されていきます。

大抵のケースでその日からすぐにメイクや洗顔、入浴なども可能です。なお、内出血などが起きてしまった場合には必ず医師に相談してください。

ヒアルロニダーゼの費用相場

現在の状態やヒアルロン酸の注入量、部位などによって異なりますが、相場としては1箇所につき3万〜5万円程度です。

施術前にアレルギー検査を行なう場合には別途費用がかかることがあります。

《銀座S美容形成外科のヒアルロニダーゼの費用》

銀座S美容形成外科のヒアルロニダーゼの費用は、3万円2400円〜です。

費用について気になる方や見積もりが欲しいという方は、カウンセリングでご相談ください。

ヒアルロン酸除去で不安なことは、カウンセリングで相談しましょう

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

【顔へのダブロ】目元・輪郭・額・頬・顎下など部位別に効果を紹介

《ダブロとは》

ダブロとは、高密度焦点式超音波(HIFU)マシンのひとつで、外科的な施術の必要なく高いリフトアップ効果を得ることが出来るとされる施術です。また、リフトアップ効果だけではなく、照射の影響によってコラーゲンの増生が促されることによる美肌効果も得られます。

ダウンタイムがほぼ必要ないのも魅力の一つで、忙しくてなかなかアンチエイジング治療を受ける暇が無い方でも受けることが出来る施術です。

顔へのダブロ|部位別に得られる効果を解説

ダブロは、太陽の熱を虫眼鏡で1点にあつめるのと同じ様に、超音波を1点に集中させて照射します。従来のアンチエイジングマシンよりもより深い筋膜の層(SMAS層)にまで超音波の効果を及ばせることができるのが特徴です。

超音波を集中的に照射された筋膜は熱収縮を起こします。すると、その熱収縮によって筋膜が引き締まり、リフトアップ効果を及ぼすのです。

今回はこの基本的なダブロの効果が、顔の部位別に見ると具体的にどのような効果となって現れるのかを解説していきます。

予備知識□

その際の予備知識として、ダブロには1.5mm、3.0mm、4.5mmという3種類のカートリッジ(マシンの先端につける部品)があり、それぞれ効果の及ぶ深度が異なることを把握しておいて下さい。

1.5mmカートリッジ・・・主に皮膚の浅い層である表皮や真皮に照射する
3.0mmカートリッジ・・・主に真皮から皮下脂肪にあたる層に照射する
4.5mmカートリッジ・・・皮下脂肪よりも深いSMASと呼ばれる筋膜の層に照射する

《目の下やまぶたなど目元へのダブロ》

目元へダブロの照射を行った場合、目尻の気になる表皮の小ジワ深い表情ジワなどを改善することができます。また目元全体のたるみや、まぶたのたるみに伴うクマなどの改善も可能です。

ダブロは、皮膚が薄い場所や骨に近い部位に照射を行うと痛みを感じやすい傾向があります。目元も頬などへの施術を比べると痛みを感じやすいので注意が必要です。

《顎下・輪郭へのダブロ》

部分的にダブロの照射を行う場合、顎下 や輪郭も選ばれることの多い部位です。

横から見た時に顎の下から首にかけてがたるんでいるのが気になる方が多いようです。照射を行うことで、たるんでいた皮膚を引き締めることができ、スッキリとした顎下へと改善することができます。

顎下と首の堺目もはっきりとして、横から見た時のフェイスラインの印象がかなり変化するでしょう。また、顎先から耳にかけての骨格のラインもわかりやすくなり、美しい輪郭のラインを手に入れることができます。

《頬へのダブロ》

頬へダブロを照射すると、年齢と共に下垂した頬のたるみや、ほうれい線ゴルゴライン(ミッドチークライン)を改善が期待できます。

いまあげたような加齢に伴う頬のトラブルは、どれも見た目年齢を実年齢よりもかなり老けてみせてしまう原因になります。これらの症状が改善されるだけで、大きく若返った印象を与える事ができるでしょう。

《額へのダブロ》

額への照射を行った場合は、年齢を感じさせる横シワを改善することができます。

おでこの横シワは、頭皮のタルミや目元のたるみも関係しています。おでこの照射を行う際は、目元の照射も同時に行うことでより高い効果をもたらすことができるでしょう。

顔全体への照射も部分的な照射もどちらも効果的

ダブロは、顔全体への照射でも、部分的な照射でも、どちらでも高い効果を期待することが出来る施術です。

全体的なシワやたるみに悩んでいる方は、顔全体で3oo〜400ショットを目安に照射を行うのが良いでしょう。顔の1部分のシワやたるみが気になる方は、その部位だけに重点的に照射するのがおすすめです。

どちらの場合でも、十分に効果をもたらすショット数で施術を受けることが大切です。施術を受ける前には、医師にしっかりショット数や出力について聞いておくようにしましょう。

ダブロの施術を検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

【ダブロの失敗】満足のいく効果が出なかったのはなぜ?理由を解説!

外科的な施術の必要なく、照射のみで高いリフトアップ効果を得ることができるダブロですが、中には失敗してしまうのではと不安に感じてる方も居るのではないでしょうか。

そこで今回はダブロの失敗に焦点をあてて、詳しくご紹介していきます。

《ダブロとは》

ダブロとは、高密度焦点式超音波(HIFU)マシンの一つです。太陽の光を虫眼鏡で集めるように、ダブロもレンズで超音波を1点に集中させ照射をします。また、ダブロは、従来のアンチエイジングマシンよりもより深い筋膜の層(SMAS層)にまで効果を及ばせる事ができるのも特徴です。

筋膜に照射すると、その部位は熱収縮を起こします。この熱収縮によって皮膚が引き締まり、リフトアップ効果を得ることが出来るのです。また照射の副効果として、コラーゲンとエラスチンの増生による美肌効果も挙げられます。

ダブロの失敗について

《重篤な失敗例は多くない》

現在のところダブロでは、「ヤケドのような後が残ってしまった」とか「神経が傷つけられて表情が上手く作れなくなった」などのような、重篤な症状を招いてしまう失敗例の声はあまり聞かれていません。

《一番多い失敗の声は「効果が無い」》

重篤な症状の失敗の声は多くはありませんが、中でも1番多いのは
「せっかく施術をうけたのに、満足の行く効果が得られなかった」
という効果への不満の声です。

満足の行く効果が得られなかった原因としてはいくつかの理由が考えられます。

□理由①ショット数が少なかった□

ダブロの効果はショット数によって大きく左右されます。一般的に顔全体への照射の場合300〜400ショットが目安とされています。

満足の行く効果が得られなかった原因として、このショット数が著しく足りていなかった可能性が考えられます。

□理由②照射の出力が弱かった□

ダブロの効果はその出力によっても大きく左右されます。

まず大前提として、エステサロンで施術を受けた場合照射できる出力は医療機関用のマシンよりも弱いものなので、満足の行く効果が得られない可能性は高まります。

次に、ダブロは出力が強いほど痛みが強まる施術です。従来の照射系のマシンよりも痛みが緩和されているマシンではあるものの、高い出力で行えばその分痛みが伴います。

そのため施術の際に痛みに耐えれられず照射の出力を下げた場合は、その分効果が弱まります。
もちろん、施術中の痛みに関して無理は禁物です。効果のためには多少の我慢は必要かもしれませんが、ご自身の耐えられる範囲の出力で施術を受けるようにしましょう。

効果が出ないという失敗を避けるために

《しっかり効果を出したいなら、エステではなくクリニックで》

先程も少し触れましたが、エステとクリニックでは扱えるマシンの出力が大きく異なります。高い効果を得たいならば、高い出力のマシンを取り扱っているクリニックで施術を受けた方が良いでしょう。

ですがその分、価格に関してはクリニックの方が高額になります。費用と高い効果、どちらを重視するか、ご自身の希望と照らし合わせて慎重に検討するようにしましょう。

《ショット数の確認を忘れずに行う》

施術を受けるクリニックを検討する際は、ショット数の確認をしっかり行うことが大切です。

いくつかのクリニックは施術費用を安くみせるために「顔全体」などのメニュー名と金額のみを提示して、ショット数をHP上などに掲載していないことがあります。

顔全体への施術だと思っていざ施術を受けてみたら、たった200ショットしか打ってくれなかった!なんてことも起こりえます。これでは満足の行く効果が得られないのも納得です。

このような自体を避けるためにも、事前にショット数をしっかりと把握しておくようにしましょう。

ダブロの施術を検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

ダブロゴールドの効果|効果の現れ方や持続期間、カートリッジ別の効果も解説

ダブロゴールドとは、高密度焦点式超音波(HIFU)マシンの一つで、外科的な施術の必要なく高いリフトアップ効果をもたらす施術です。

今回はそんなダブロゴールドの効果に焦点を当てて詳しくご紹介していきます。効果が現れるメカニズムや、持続期間、カートリッジ別の効果の違いなど、あらゆる内容をわかりやすくご紹介していきます。

《ダブロゴールドとは》

ダブロゴールドは先にも挙げたように、高密度焦点式超音波を肌にあてて行っていく治療です。肌のより深い部分筋膜にも刺激を加えて施術部位の筋膜を収縮させ引き締めます。

そして同時にカートリッジを変えることで、従来の超音波治療のように浅い層にも照射を行う事ができるので、コラーゲンの生成を促して美肌効果をもたらしたりとダブルの効果が期待できる方法というわけです。

ダブロゴールドの効果

《効果が出るメカニズム》

ダブロゴールドの施術では、特殊な超音波を照射することで筋膜細胞にまで刺激を加えていくことができます。本来、こうした筋膜層は外科的なフェイスリフトを受けないと変化が得られないとされていた層です。

ですが、ダブロゴールドの施術であれば肌に傷を残すことなく肌の奥から皮膚を引き締めたるみやしわを解消していくことが出来ます。

超音波を照射することで施術部位が熱収縮を起こします。この熱収縮による引き締め効果によって、たるみやしわが解消されます。

また傷ついた皮膚細胞を修復していこうと細胞の機能が活性化してコラーゲンの生成が促されます。その結果、美肌効果が高まり皮膚の弾力がアップしていくことになります。

最終的にリフトアップが可能になり、より長い期間その変化を持続させることができるようになるというわけです。

《効果の現れ方と持続期間》

ダブロゴールドは施術直後から効果を実感できる施術です。その後しばらく時間をかけて効果が高まり続け、術後2〜3ヶ月後に効果のピークを迎えます。

これは施術によって傷つけられた皮膚細胞が修復のために活性化しているからです。徐々にしわやたるみが解消されていくのを実感できるでしょう。

効果をより長く持続させるためには3ヶ月ごとの施術がおすすめですが、通院の手間や費用負担を考慮するのであれば半年から1年間に一度の頻度で利用していくといいでしょう。

【カートリッジ別】ダブロゴールドの効果

ダブロゴールドには、3種類のカートリッジ(先端の部品)が存在しています。4.5mm、3.0mm、1.5mmというもので、それぞれ効果の及ぶ深度が異なっています。

深度が異なるということはそれに伴って効果も変化します。ここからは、カートリッジごとにそれぞれの効果を詳しくご紹介していきます。

《4.5mmのカートリッジによって得られる効果》

4.5mmのカートリッジは、皮膚のさらに下に位置している筋膜(SMAS)に刺激を加え熱収縮を起こします。

熱収縮によって直接的に肌の土台となる層を引き締めていくことができ、これによって皮膚全体を大きく引き上げていくことが可能です。

口のまわりにできるマリオネットラインはもちろんのこと首の皮膚のたるみにも同じように効果が期待できます。

《3.0mmのカートリッジによって得られる効果》

3.0mmカートリッジでは真皮層から皮下組織までの比較的深い部分の皮膚組織に刺激を加えていくことができます。

この刺激によって真皮層のコラーゲン生成が促され、肌にハリやきめを取り戻していくことができます。

《1.5mmのカートリッジによって得られる効果》

1.5mmカートリッジの場合、皮膚の比較的浅い層真皮層から表皮にかけて刺激を与えていくことができます。

熱による収縮で肌の表面に近いところで起きている小じわなどの肌トラブルを解消していくことが可能になっていきます。

ダブロゴールドのデメリット・リスク

《一時的にしびれを感じる場合がある》

ダブロは効果も安全性も高い施術の一つですが、リスクがゼロというわけではありません。施術を行う顔には無数の神経が通っていて、この神経を傷つけることで一時的に顔面にしびれを感じることもあります。

もちろんすべての人に症状があらわれるというわけではありませんが、できるだけ技術力・専門性の高い医師やクリニックを選んでい施術を受けることが大切です。

ダブロを検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

ダブロゴールドのダウンタイム|ダウンタイムはほぼ無いって本当?

ダブロゴールドとは高密度の超音波を利用してリフトアップ効果をもたらす施術で、一切のメスを入れないことから大きな注目を集めています。

効果が高い一方で、アンチエイジングの施術にありがちなダウンタイムがほとんど無いのも大きな特長とされています。今回はそんなダブロゴールドのダウンタイムが本当に無いのかについて、詳しくご紹介していきます。

《ダブロゴールドとは》

ダブロゴールドとは、高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)マシンのひとつの名称です。このダブロゴールドは、従来のアンチエイジングマシンよりも深い皮膚の層(SMAS層)にまで効果を及ばすことが可能です。

このSMAS層の筋膜に、超音波を1点に集中させて照射していくことで、筋膜を引き締め肌のたるみを改善します。

また、このダブロゴールドは、深い層だけでなく皮膚の浅い層への照射も可能です。

ダブロゴールドの効果

《リフトアップ効果》

筋膜が緩んでしまうと上層の皮膚もたるんでしまいます。

ダブロは、虫眼鏡で太陽の光を1点に集めるのと似た原理で、エネルギーを1点に集中して照射します。それによって真皮や皮下組織よりもさらに奥にある筋膜に熱を与えることが可能になりました。

その結果筋膜層のたんぱく質が縮むことで、お肌が引き締まりリフトアップ効果が発揮されます。

《美肌効果》

熱による刺激を受けた組織は回復させようという力が大きく働きます。そのプロセスの中でコラーゲンやエラスチンを産生します。

その結果、深い筋膜層からの引き締め効果により毛穴が目立たなくなるだけではなく、ハリのあるキメの整った美肌効果を得ることができます。

ダブロゴールドのダウンタイム

《ダウンタイムはほとんどない》

ダブロゴールドは極めて高い安全性を誇っており、施術後にはすぐにメイクをしても良いほどダウンタイムはほとんどありません。

ただ、やはり熱を肌に照射する治療ですので、術後直後は赤みがでたり顔が腫れることがあります。翌日には改善されることの多い症状ですので、過度な心配は不要です。

稀に水ぶくれやかさぶたのような症状がでてしまうことがあります。肌に異常を感じた場合は、なるべく早めに施術を受けたクリニックへ相談しましょう。

《腫れ・赤み・痛みについて》

ダブロゴールドでは皮膚の深い層に熱を与える関係から、施術後に赤みやむくみなどが発生しヒリヒリする痛みがあります。

ですが、数時間以内に落ち着いて来るので、症状が出ている間は少し安静にしてタオルで包んだ保冷剤などでアイシングすると良いでしょう。

《シャワー・洗顔・入浴ついて》

ダブロゴールドの施術を受けた後は、当日からシャワーや洗顔が可能です。

ですが施術を受けた部位には強い刺激を与えないように注意をしましょう。入浴は、もしも腫れのような症状が出ている場合は避け、腫れが治まってからにするのが良いでしょう。

《メイクについて》

ダブロゴールドの施術を受けた直後からメイクが可能です。赤みが出てしまった場合もメイクでカバーして帰宅できます。痛みが残ってしまった場合は無理にメイクを行うのはやめましょう。

また、それらの症状が無かったとしても、ダブロを照射した箇所は強くこすらないようにするのが大切です。

ダブロゴールドを検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives