小鼻縮小フラップ法|効果・メリット・失敗例・ダウンタイム・リスク等を紹介 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

小鼻縮小フラップ法|効果・メリット・失敗例・ダウンタイム・リスク等を紹介

鼻は顔の印象に大きな影響を与える重要なパーツです。そのため自分の鼻にコンプレックスを感じて悩んでいる人も少なくありません。

ここではそんな鼻の悩みの中でも、目立つ鼻の穴や横に開いた小鼻の改善に効果が期待できる小鼻縮小の一つフラップ法について紹介します。

小鼻縮小とは

小鼻縮小は小鼻の一部を切除し、縫合することで小鼻の幅を狭くする施術です。目立つ鼻の穴を目立たなくさせたり、鼻全体をスッキリとした印象にする効果が期待できます。

施術には大きく分けて鼻の穴の中を切開する内側法、鼻の外側から切開する外側法の二つの方法があり、その他には注射器や糸を用いた切らない小鼻縮小があります。

小鼻縮小フラップ法とは

フラップ法は鼻の穴の中を切開して小鼻縮小を行う内側法の一種で、通常の内側法よりも後戻りしにくいと言われています。

施術の際に左右の鼻の間にトンネルを作り、通常は切除してしまう切開部分の組織を切り取らずにそのトンネルに通しておきます。これによって傷が治癒すると同時に組織がトンネルに癒着し、後戻りを防ぎます。

内側法と同じく傷跡は主に鼻の穴の中になるため傷が目立ちにくいという特徴があります。

フラップ法の施術の流れ

まず麻酔を行います。クリニックによっても異なりますが局所麻酔で行われることが多いようです。

麻酔が十分に作用してから切開します。左右の鼻の穴それぞれで切開し、組織を鼻の穴の下辺を底辺とした三角形状に切り取ります。この時完全には切除せず、底辺部分は鼻の穴にくっついたままにしておきます。この三角形の組織の表皮部分のみを除去したものをフラップ(皮弁)と呼びます。

鼻の両穴でフラップを作成したら、そのフラップの間に左右の鼻の穴を繋ぐ形でトンネルを作ります。この時、小鼻をより寄せ易くするために小鼻の外側を剥離しておきます。

左右のフラップをトンネルに通し小鼻を鼻の中心に引き寄せ固定します。

小鼻が寄ったら、中縫いを行い傷口を閉じたら外縫いを行って終了です。

小鼻縮小フラップ法のメリット

小鼻縮小全般の利点として小鼻の幅を狭くして鼻を小さく見せる効果が期待できるという点が挙げられます。

さらに他の施術法と比べてフラップ法は内側しか切らないため傷が目立ちにくく、またフラップを作らない通常の内側法よりも後戻りしにくいというメリットがあります。

小鼻縮小フラップ法のリスク

傷が目立たない、効果が持続しやすいといったメリットも多いフラップ法ですが、いくつかのリスクも存在します。

まず小鼻の幅が狭くなることで相対的に鼻の丸みが目立ち、団子鼻が強調される可能性があります。小鼻が小さくなっても鼻先の大きさは変わらないことが原因です。もともと団子鼻の方は鼻先を小さくさせる効果を期待できる鼻尖形成を併せて行うことで全体のバランスを整えることが可能です。

次に手術後に鼻の形が理想通りにならないリスクがあります。デザインがうまく行かなかったり医師が未熟だったりするとせっかく手術しても思っていたものと違う仕上がりになってしまう可能性があります。

またフラップ法に限った話ではありませんが、稀に感染症を引き起こす可能性があります。ダウンタイムを大きく超えて、熱感や腫れ、痛みが続く場合は医師に相談してください。

小鼻縮小フラップ法のダウンタイム

個人差はありますが術後の腫れは1週間~2週間程度をピークに時間経過で目立たなくなります。

洗顔やメイクは手術当日は避け、翌日から行うようにしましょう。シャワーも同様に首から下ならば翌日から浴びることができます。また傷跡を刺激しないように十分気をつけましょう。

腫れや内出血が強く出る可能性があるため激しい運動や飲酒などの血行を促進する行為は腫れが落ち着くまでは避けたほうがいいでしょう。

術後1週間程度で外縫いの抜糸のため通院が必要になります。

小鼻縮小を失敗しないためのポイント

《ポイント①やりすぎず自分に合った施術を選ぶ》

小鼻縮小はスッキリとした理想の鼻に近づける効果を期待できます。しかし鼻を小さくしようとするあまり切除しすぎてしまったり、自分の鼻に合わない施術を選んでしまうと却って顔全体のバランスが崩れてしまう危険性があります。

例えば、小鼻が強く張り出して丸みを帯びているようなケースでは外側法の方が、フラップ法よりも適しています。

事前のカウンセリングでしっかり自分に合った方法や適切なデザインを決定することが重要です。

《ポイント②専門性・技術力の高い医師を選ぶ》

様々なメリットがある小鼻縮小ですが、残念ながら失敗の可能性が全く無いわけではありません。経験の浅い未熟なドクターでは傷跡が残ったり、鼻が変形したりするなどのリスクが高まります

失敗のリスクを軽減するためには、小鼻縮小の経験が豊富で技術力が高い医師を選ぶことが重要です。美容外科医としての勤続年数や美容外科のベースとなった形成外科の出身かどうか、可能ならば学会の発表なども確認できると選ぶ際の指標になります。また実際のカウンセリングを受けてきクリニックの印象を調べることも重要です。

メール相談はこちら

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives