ダブロのメリットとデメリット|受ける前に知っておきたいダブロの知識 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

ダブロのメリットとデメリット|受ける前に知っておきたいダブロの知識

ダブロは外科的な施術を行う必要なく、照射による施術のみで高いリフトアップ効果を得ることが出来る魅力的な施術です。

ダブロは照射のみで手軽に受けられる施術ではありますが、施術を検討する際には施術の良い面と悪い面双方の理解を深めておくことが大切です。そこで今回はそんなダブロのメリットとデメリットについてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

《ダブロとは》

ダブロはメスを使わずに照射で筋膜を引き上げる効果が期待出来る施術です。たるみ等が気になる箇所へ、集中的に超音波を照射していきます。顔全体への施術の場合は大体300〜400ショットが目安と言われています。

照射によって顔の皮膚等が傷つくことはなく、むしろ熱の刺激でコラーゲンが多く作られ美肌効果をもたらします。

痛みやダウンタイムが軽いと言われており、身体への負担が少ない施術となります。部位ごと、それぞれのお肌の状態に合わせたオーダーも可能ですので、無理なくアンチエイジング効果が期待出来ます。

ダブロのメリット

《外科的な手術の必要がなく効果も高い》

ダブロのメリットは外科的手術のようなメスを使わないため、身体が傷つかず精神的にも安心して依頼することが出来ます。

超音波をあてることが出来る最新のマシーンで、筋肉の深い層にまで働きかけることが可能ですので、リフトアップ効果が高くなります。しわやたるみを起こしている筋肉の層に照射をして引き上げていきます。

《ダウンタイムがほぼ無い》

ダブロのメリットとして、ダウンタイムがほとんど無いことが魅力となっています。施術後に強く腫れたりアザが出たりしないため、メイクをしてすぐに帰宅出来ます。

美容クリニックへ構えて出かけなくてもよく、比較的気軽にチャレンジ出来る点が魅力となっています。仕事帰り等、忙しい方々にも向いた施術となっています。

《リフトアップだけでなく、美肌効果も得られる》

ダブロはしわやたるみ等をリフトアップすることだけではなく、美肌効果も得られます。ダブロの熱刺激を与えられることで、ダメージを修復するためにコラーゲンが多く作られます。

コラーゲンは美肌効果をもたらし、施術後しばらく経つと効果があらわれてきます。また肌の深層部に刺激を与えることで引き締め効果も高くなり、肌のキメやハリも整っていきます。

《痛みが少ない》

ダブロは超音波を広範囲に均一に照射する施術です。

エネルギーがしっかりと均一に安定的に分散されるため、他のレーザーなどの施術と比較をすると、痛みが少ないメリットがあります。

そのため、無麻酔でも多くのショットが可能になり、気になる箇所に集中して照射出来ますのでその分効果も現れやすいです。

ダブロのデメリット

《ショット数が少ないと満足の行く効果が得られないことがある》

ダブロの効果はショット数によって大きく左右されます。

しばしばクリニックのHPを見ていると、「顔全体」や「目元」などのメニュー名のみでショット数の記載が無いことがあります。

そのため比較的安価な料金で「顔全体」の施術を受けられると思っても、いざクリニックへ言ってみたらショット数が極めて少なく、思ったような効果が得られなかったなんてことがあります。

ダブロの施術を検討する際には、費用や部位だけではなく、効果的なショット数で施術が行われるかの確認が大切です。

《金の糸などの施術を受けている場合は注意が必要》

ダブロは一般的にその他の施術との併用が可能なことが多い施術です。ですが稀に、金の糸などの施術を受けていた場合はダブロが受けられないことがあります。

その理由としては、金の糸の場合その糸が純金でなく粗悪な糸であった場合や、糸の挿入箇所が悪かった場合などに、稀に火傷を起こしてしまう可能性があるからです。

なので、施術を受ける前に、以前リフトアップ系の施術や注入系の施術を受けたことがある場合は、しっかりと医師にその旨を伝えておくのが安心でしょう。

《繰り返しの施術が必要》

ダブロの効果は半永久的ではありません。したがって効果を持続させるためには繰り返し施術が必要になり、そのための時間や費用がかかることになります。

個人差がありますが半年から1年ごとに施術をすると効果が継続するといわれています。

ただ効果の持続のためには必ずしも年に数回の施術を行わなくてはならないわけではありません。中にはタルミがまた目立ち始めたら再び施術を行う方も居るようです。

ダブロを検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

calendar

2018年7月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives