しみ・くすみ・肝斑|銀座の美容外科、皮膚科なら銀座S美容・形成外科クリニック

03-5537-6645

しみ・くすみ・肝斑

しみ・くすみ・肝斑

シミについて

シミの種類

シミといっても様々な種類があります。いろいろな種類が混在している場合もあります。しっかりと診断して、最適な治療を行うことが重要です。

   

老人性色素斑

皮膚に存在するメラニンという色素が、お肌の色を決定したり、紫外線から肌細胞を守る働きをしています。

通常の場合、肌は新陳代謝によってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出されます。加齢により代謝速度が緩徐になり、色素の排泄が遅れてくると、メラニン色素が皮膚に残りやすくなり、やがて沈着するとシミになります。

代謝だけでなく、生活習慣や紫外線も影響します。治療でシミを消すだけでなく、予防的な側面からも紫外線対策などの日常的なケアすることが大切です。

雀卵斑(ソバカス)

いわゆる「そばかす」のことです。小さな斑点のようなしみが、幼少期から目の下、頬、鼻の頭などに点在してきます。遺伝性な素因が関連しているとされています。紫外線の影響で色濃くなるので、夏場により目立つことが多いです。範囲や色調などにより、適切な治療方法は異なりますので、最適な治療用をご提案いたします。

   

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、ニキビやケガ、ヤケドなどでおこった皮膚の炎症が色素沈着をおこし、そのままシミとして残存してしまう症状のことです。一般的には時間の経過と共に色調が薄くなっていきますが、炎症が強かったり長引いたり、紫外線を浴びたりすることで、濃くなった色が消えずに定着してしまうことがあります。 炎症を悪化させないことや紫外線対策も重要です。

   

肝斑

頬・額・鼻周辺に、左右対称にできることが多い、かすみがかったようにぼやっと広がるようなシミです。特に目尻の下や頬骨の高い位置あたりによく出現します。主に30代~50代の女性に多く見られます。女性ホルモンのバランスの乱れや、紫外線、ストレスや生活習慣の乱れ、外部摩擦などが原因と考えられています。 通常のシミ取りレーザー治療により悪化する場合もあるので、医師の正確な診断のもとで適切な治療を受けることが大切です。

» 肝斑治療の効果的なレーザートーニング

   

ADM(後天性メラノサイトーシス)

老人性色素斑(シミ)と違い、境界がぼんやりとしたグレーから青味を帯びた色素斑です。
通常、頬や額、鼻周辺に左右対称性に点在します。成人になってから真皮のメラノサイトが増えて発症されると言われています。肝斑や老人性色素斑と混在することも少なくありません。

レーザー治療が有効ですが、反応が遅めなため、少し回数や時間を要します。

   

シミ・そばかすの発症メカニズム

メラニンという色素が、お肌の色を決定しています。

このメラニンには、肌細胞を紫外線などから守る働きがあります。しかし、つくられ過ぎると、シミやそばかすの原因になってしまいます。

肌が紫外線などによって刺激を受けると、表皮の一番下にあるメラノサイト(メラニン産生細胞)のチロシンというアミノ酸が、ドーバキノンという物質に変化します。

さらに、ドーバキノンが黒色メラニンへと変化し、この黒色メラニンが過剰につくられ続けた部分が表面に現れることにより、シミやそばかすが生じます。

通常であれば、このメラニンは皮膚のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)によって剥がれ落ちていきます。しかし、老化や不規則な生活などによってターンオーバーのサイクルが延びてしまうと、肌の中に蓄積されてしまいます。

また、シミとそばかすは、どちらもメラニン色素の増加が原因となって発症しますが、シミは30歳以降の女性に多く、形や大きさもさまざまです。

女性ホルモンが関係しているという説もあります。

それに対してそばかすは、遺伝的要素が強く、顔の真ん中や手の甲、腕、肩、背中などに多く生じ、ほとんどは直径数ミリ程度の小さなものです。

シミ・そばかすの治療

光を照射することによって皮膚内のメラニンを破壊する、フォトフェイシャル・フォトRF(オーロラ)・Eライト・E-maxなどによる治療が効果的です。