目もと・まぶた|銀座の美容外科、皮膚科なら銀座S美容・形成外科クリニック

03-5537-6645

目もと・まぶた

目もと・まぶた

目・二重まぶたについて

目・二重まぶたについて

目の重要な機能は、まず物を見ることです。また、「目は口ほどに物を言う」と言われるように、相手に気持ちを伝える役割も演じています。さらに、顔の美しい人を「目鼻立ちが整っている」と形容するように、目は、美の大きなポイントでもあります。
現在の眼の形から、少しの変化をしたい方から、大きな変化をお望みの方まで、理想通りの瞼の形を得ることで、文字通り「輝きのある目」を得ることができます。

今の目のどこが気になるか、どのような目が理想か、術後に取れる回復までの時間など、様々な要素についてしっかりとお話を伺い、より適した方法をご提案します。
同じ二重でもどのような二重がいいのか、適切な手術方法はどれなのかという問題は、一人一人異なってきます。医師のアドバイスを聞きながら、よく検討されて下さい。

大きく分類すると、埋没法と切開法があります。

痛みにとても敏感な方は、すべての施術に表面麻酔や静脈麻酔が可能です。

二重まぶたの施術方法

埋没法

二重まぶたを形成する最もシンプルな方法です。皮膚切開をしないで、専用の糸で上まぶたの引き込みを作り、ナチュラルな二重を形成します。手術は10〜15分程度で終了します。
当院では、皮膚側も結膜側も糸をしっかり埋入する方法で、角膜を傷つけたり、皮膚側に突出しないように施術しています。
腫れはゼロではありませんが、最小限となるように様々な工夫をしています。
手術当日より洗顔やシャワーも可能です。

メリット

  • 腫れが少なく回復が早い
  • 皮膚に後が残らない
  • 元に戻したり、幅の変更がしやすい

デメリット

  • 切開法よりも後戻りする可能性がある
  • たるみや脂肪の厚みを取り除くことはできない

施術例

埋没法
20代 女性

施術前
施術1か月後

施術例

埋没法
20代 女性

施術前
施術1か月後

マイクロ脱脂+埋没法

まぶたの腫れぼったさや厚みが多い方におすすめです。
約2mmの小切開穴から丁寧に眼窩脂肪を引き出しながら切除していきます。

ポイント

  • まぶたの脂肪を切除してすっきりとした目元にできる
  • 埋没糸が外れることがほとんどない

施術例

マイクロ脱脂
20代 女性

施術前
施術1か月後
施術前
施術1か月後

施術例

マイクロ脱脂
20代 女性

施術前
施術1か月後
施術前
施術1か月後

施術例

マイクロ脱脂
20代 女性

施術前
施術3か月後
施術前
施術3か月後

全切開法

瞼の厚みが目立つ方、よりすっきりと力強い二重を希望される方、埋没法では後戻りが心配な方におすすめです。
幅の広い二重まぶたにしたい場合や、皮下に脂肪が多いために埋没法では二重にしにくい場合、皮膚のだぶつきが多くより力強い二重を希望される場合などに適応となります。

メリット

  • 皮膚のだぶつき、余分な軟部組織、脂肪の厚みを取り除くことができます。
  • 後戻りがほとんどありません。
  • 目の上が凹む“くぼみ目”という症状も改善できます。

デメリット

  • 抜糸が必要である
  • 埋没法に比べて腫れが強い(回復時間が長い)

施術例

二重切開
30代 女性

施術前
施術1か月後
施術4か月後
施術前
施術1か月後
施術4か月後

部分切開

小さな切開から二重形成することで、まぶたの脂肪を切除したり、くぼみ目を改善することができます。皮膚のたるみは切除できません。全切開に比べてダウンタイムがとても短くなります。

目頭切開

蒙古ヒダが目立つ方、平行型の二重をご希望でも二重形成だけでは平行型のなりにくい方、眼と眼の間が離れている方などに適応があります。眼が大きくなり豪奢な目元になります。

目尻切開

目尻を少し切開することにより、横に長い大きな目元にします。
たれ目形成と同時に行うとより効果的です。

たれ目形成

東洋人はつり目型の方が多くいます。つり目は、時には冷たい印象を与えてしまうことがあります。
下瞼の外側を下側に強めにカーブさせることで、目尻の位置そのものが変化しなくても、とても優しい印象になります。また、眼の立て幅を大きくすることができます。

眼の上のタルミ取り

加齢変化で皮膚が垂れ下がった方におすすめです。
上まぶたのタルミや脂肪を取り除いて、目元をより若々しい印象に変えます。

施術例

眼の上のタルミ取り
60代 女性

施術前
施術7か月後
施術前
施術7か月後



眉下切開

上まぶたの皮膚の厚みが強く、重さが気になり、眉毛を挙げるくせがある方におすすめです。特に皮膚の厚みが多く、二重線でたるみを取ると、かえって厚み感が増すような症例では、厚み感をますこと無く目を大きくして視界を広げることができます。
上瞼のたるみや重さが気になる方は、二重線でのたるみ取りが適しているか、眉下切開が適しているかなど、診察して丁寧にご案内いたします。

眼の下のタルミ取り

目の下のたるみは年齢変化を感じさせたり、疲れた印象を与えやすい部分です。
下まぶたの、皮膚のたるみや脂肪を取り除いて、目元をよりすっきりした印象に変えます。
目の下のクマの改善と合わせて行うとより効果的です。
目の下のクマ治療についての詳細はこちら→

涙袋形成

ヒアルロン酸の注射で下まぶたにふくらみを作り、目元をより可愛らしい印象に変えます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂は瞼を開く筋肉(上眼瞼挙筋)の動きが通常よりも弱くなった状態です。
生まれつき動きが弱い先天性の原因と、年齢とともに筋肉がゆるんだり、コンタクトレンズなどの刺激が原因となる、後天性のものがあります。
目がけにくく感じたり、二重のラインが綺麗に入らない、黒目が隠れがち、無意識に眉毛を持ち上げたり、おでこにシワよっているなどの症状が出現します。
時には、頭痛や肩こりの原因になります。
治療法は原因によっても変わりますが、皮膚切開してゆるんだ筋肉を引き締める治療が中心となります。
程度によっては、切らないで裏側から糸で止める下垂手術も選択可能です。
眼瞼下垂が改善すると、開けにくさの改善だけでなく、目がパッチリと大きくなります。

「sunken eye」、いわゆる「くぼみ目」と呼ばれる、眼窩脂肪が後退して凹みを生じた状態(偽性眼瞼下垂)でも、動揺の開きにくさや眉毛の上がりなど下垂と同じような症状が出現することもあります。こちらは筋肉への操作をしないで、脂肪を動かすだけで改善することができます。全切開法や部分切開、たるみ取りの適応になります。

施術例

眼瞼下垂
30代 女性

施術前
施術3か月後

施術例

眼瞼下垂
20代 女性

施術前
施術3か月後

目の下のクマ

目の下のクマは様々な要因が原因で生じています。

  1. 下瞼の膨らみ、いわゆる「目ぶくろ」が突出した状態
  2. 下瞼の皮膚のたるみによるもの
  3. 目の下と頰の間の凹みが目立つ
  4. 目の下の皮膚の色が濃い

これら1−4の組み合わさって、クマが目立っている方もたくさんいらっしゃいます。
原因や状態に応じて、様々な治療法があり、これらを組み合わせた複合的治療法が必要な場合もあります。

手術的な治療法としては、

  1. 結膜脱脂
  2. 下眼瞼たるみ取り
  3. 脂肪移植
  4. 下眼瞼たるみ取り+脂肪伸展(ハムラ法)
  5. 外側眼瞼靭帯形成術

手術はちょっと、、、という方には、切らない治療法としてこちらの、ヒアルロン酸注射やPRP注入(自己多血小板血漿療法)、サーマクール&サーマアイ、あるいは最新治療法の一つであるスムースライナーなどがおすすめです!
また、目の下の影が原因で色調が暗く見える場合もあります。その場合には、ふくらみや凹みを改善すれば気にならなくなります。
一方で、メラニン色素が沈着して皮膚の色調自体が濃くなっている方には、レーザー治療(QスイッチYAGレーザー)や、美白剤外用などがおすすめです!
1の目の下の膨らみを改善するには、結膜側からの脱脂が適応です。

施術例

目の下のクマ脂肪注入
30代 女性

施術前

施術3か月後

結膜脱脂

下まぶたの膨らみ、いわゆる「目ぶくろ」の部分は、眼窩脂肪が多く、突出した状態です。
結膜側からの小切開で脂肪のみを切除します。
ダウンタイムも少なく、皮膚側には一切メスもいれません。
一方で、皮膚のたるみが存在する方の場合は、脂肪を取り除くことで、かえって、たるみやシワが目立ってしまうことがあります。しっかりとした診断が大切です。

下眼瞼たるみ取り

下瞼のふくらみと、皮膚のたるみが目立つ方に適応になります。睫毛のすぐ下側から目尻にかけて切開します。最初は赤みがありますが1〜3ヶ月程度で目立たなくなります。

脂肪移植

目の下のふくらみと頰の間の溝が目立つ場合に、お腹や太ももから少量脂肪を移植します。先の丸いカニューレで注入しますので、針穴だけでお顔にメスを入れる必要はありません。内出血などのダウンタイムもほとんどありません。
溝が目立つ場合だけであれば脂肪移植のみでも改善します。目の下のふくらみと溝の療法が目立つ場合には、結膜脱脂+脂肪移植がとても有効です!
さらに、ふくらみ、溝、たるみのすべてが存在する場合には、、、下瞼たるみ取り+脂肪移植、あるいは、ハムラ法(下眼瞼たるみ取り+脂肪伸展)のいずれかがおすすめです。どちらが理想的かは患者さまの目や皮膚の状態によっても異なります。
最後に、外側眼瞼靭帯形成術という聞き慣れない治療法は、、、年齢とともに皮膚や靭帯もゆるんでくるものです。眼瞼の目尻側を骨につなぎ止めている靭帯がゆるんでくると、目の外側のラインが丸くなったり、下瞼のゆるみが強くなったりします。そのような状態で、たるみ取りを行うと外反(あっかんべー状態)になることがあります。術前に外側眼瞼靭帯のゆるみが存在した場合に、たるみ取りと併用して、目尻側の小切開から、靭帯の引き締め形成を行うと、外反などのダウンタイムが少なくとても良い結果を生み出します。

これら、手術的な治療法から、注入などのプチ整形や皮膚科的な治療法まで、様々な選択肢があります。
経験豊富な専門医が診断して、ダウンタイムも含めて、患者様それぞれにマッチした最良の治療法をご提案いたします。