口唇|銀座の美容外科、皮膚科なら銀座S美容・形成外科クリニック

03-5537-6645

口唇

口唇

口唇について

ヒアルロン酸注射

薄いクチビルをふっくらさせる、あひる口形成、クチビル輪郭のロールアップなど、印象的で可愛らしい口唇形態を手軽に得ることができます。

口唇切除術

厚ぼったいクチビル、いわゆる、たらこクチビルを改善します。
切除や縫合を工夫することで、上口唇はM型クチビルに、下口唇は中央をふっくらさせるなど、厚みだけでなく形態的な変化を得ることも可能です。
手術跡は粘膜側に隠れるのでほとんど分からない状態です。

上口唇短縮術

生まれつき鼻から口唇までの距離が長い方、短い方がいらっしゃいます。また、加齢変化で皮膚や筋肉のゆるみからも上口唇の距離が延長する変化が生じます。
お顔の印象も各パーツのレイアウトから見えるバランスが重要です。
長い鼻の下を短縮することで、キュートな印象に見えたり、若返り効果を得られます。短縮縫合により赤口唇が引き上げられるため、立体的に厚みを出すことも可能です。

口角挙上術

口角切開術:口角に小さく切開を加えて、表情筋の一部を牽引固定し、皮膚も斜め上方に引き上げて縫合します。

口角挙上ボトックス:口角下制筋に注射して普段から少し口角が挙がる印象を得られます。笑うとより挙上効果が強まります。

ボトックス注射

ガミースマイル:笑ったときに口唇が持ち狩り過ぎて、上の歯の歯茎が大きく露出する状態を改善します。上口唇挙筋に注射することで、自然な笑顔のままで歯茎を見えにくくします。

シワ

年齢とともに、口唇周囲にシワができます。動きに伴ったシワにはボトックス注射が効果的です。ヒアルロン酸と併用することもあります。