顔のしわ・たるみ|銀座の美容外科、皮膚科なら銀座S美容・形成外科クリニック

03-5537-6645

顔のしわ・たるみ

顔のしわ・たるみ

顔のしわ・たるみについて

年齢とともに、皮膚の水分の減少し、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが減少して、肌の弾力やハリが減少していきます。
また、皮膚や皮下組織、筋肉などの脆弱化や下垂が生じてたるみとなります。
加齢につれてできるしわやたるみは、見た目年齢を上げるだけではありません。疲れた表情に見えたり、不機嫌そうに見えてしまったり、本来その人が持っている良い表情や美しさまで損ねてしまう可能性があります。

加齢変化によるしわやたるみは誰にも必ず訪れる現象ですが、時間を少し巻き戻して、見た目の年齢を若返らせることで、外見だけでなく、内面的にも若返ることができると思います。

当院では、ダウンタイムの少ない皮膚科的な治療から、長期的な効果を期待できる外科的な治療まで、多種様々な方法から、患者さま個人に最も適切な治療法をご提案させていただきます。

皮膚科的治療(注射や機器)

  • ヒアルロン酸注射
  • ボトックス注射
  • サーマクール
  • エンディメッド
  • スムースライナー

外科的治療(スレッドリフトやフェイスリフトなど)

  • フェイスリフト
  • 糸リフト(スレッドリフト)
  • リードファインリフト
  • バーブ
  • 3Dリフト
  • ハッピーリフト
  • ミラクルリフト

フェイスリフトについて

頬や首もとの「たるみ」には、アンチエイジング手術の中でも、フェイスリフトが最も強力な治療法です。
当院ではその方のニーズに合わせて、ダウンタイムが取れない方では、皮膚のみを引っ張り、余分な箇所だけを切り取るミニリフトを行うこともございます。
しかしどうしても、効果や持続期間は短くなってしまいます。
そのため、せっかくメスを用いて皮膚切除するフェイスリフトをするのであれば、基本的にはしっかりと効果のあるSMAS法あるいはリガメント法をおすすめしています。

顔のたるみをもたらしている余分な皮膚を引き上げて切除し、SMAS(superficial musculo-aponeurotic systems)を牽引して引き上げることで、しっかりとした効果を長時間にわたり得ることができます。

さて、われわれの顔を良く観察してみますと、どなたでも、へこんだ部分と膨らんだ部分が存在します。
例えば目の下のクマやゴルゴ線、法令線、マリオネットラインなどは“へこみ”の代表的な部分です。そのへこみとへこみの間では彼とともにの伸展した皮膚がふくらみの様に見えます。“へこみ”は、現在では顔面に存在するligamenntがその原因であることが分かっています。
クッションでいえば、ボタンで止まっている部分はへこんでいます。これがligament.
ボタンとボタンの間のふくらみがお顔のたるみに相当します。
ご高齢になり、いわゆる、ブルドッグ変形を来した状態は、ボタンに止まっている間の皮膚が大きくたるんだ状態です。
さて、そのたるみをしっかりと伸ばすためには、固定しているボタンを外す必要がございます。ぼたん=ligament(靭帯)と聞くと、恐いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、膝の靭帯をいためるのとは根本的にことなります。たるみ取りの障害になる固定部分のボタンを一度リリースして、再度しっかり固定し直す、というイメージです。

この余分な固定をリリースして、再度固定し直すという“リガメント法”によるフェイスリフトは、最新で最強の効果が長時間持続する方法になります。

当院では、以下の3つのフェイスリフトの中から、患者さま個人個人の状態や生活環境等に合わせて、最も適した方法をご提案いたします。

  1. ミニリフト
  2. SMAS法によるフェイスリフト
  3. リガメント法によるフェイスリフト

スレッドリフト(糸リフト)について

手術的な治療ですが、メスを用いません。
短いダウンタイムで大きな効果が期待できる治療法です。
溶ける糸、溶けない糸、その両者の組み合わせによるものなど、様々なスレッド(糸)が存在します。その中でも、ダウンタイムに応じて最適で最大の効果が得られるスレッドを選択しています。

リードファインリフト

極細の吸収糸を鍼灸のように皮下へ埋め込みます。糸が溶けた後もコラーゲン線維の再生が促されます。

バーブ

向かい合わせに細かな返し(研げ)のついた吸収糸を鈍針で埋め込みます。ダウンタイムはほとんどありません。強力な引き上げこうかは約1〜1年半持続します。糸が吸収されたあともコラーゲン線維の再生が促されます。

3Dリフト

小さなコーン状のチップが向かい合わせに配置された吸収性の糸です。引き上げ効果も通常の吸収糸よりも強く、持続も長くなります。糸が吸収されたあともコラーゲン線維の再生が促されなす。

ミントリフト

向かい合わせに細かな返し(研げ)のついた吸収糸を、強固な硬い側頭筋膜に固定してUターンさせるように挿入します。固定源があるので引き上げ効果は最強です。持続は約1〜2年ほどです。糸が吸収されたあともコラーゲン線維の再生が促されなす。

ミラクルリフト

向かい合わせに細かな返し(研げ)のついた非吸収糸を、強固な硬い側頭筋膜に固定してUターンさせるように挿入します。固定源があるので引き上げ効果は最強です。非吸収性素材といっても、体内の血管を縫合するのにも使用される素材で異物反応はほとんどおこりません。糸の周囲にはコラーゲン線維が増生されます。つりあげ効果の持続も最も長く、約5年以上です。

施術例

ミラクルリフト(5本×5本)
60代 女性

施術前

施術3か月後