眼瞼下垂とは? | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

矢沢副院長ドクターブログ

矢沢副院長ドクターブログ

眼瞼下垂とは?

こんにちは。

今回は、眼瞼下垂 についてお話します。

眼瞼とは、上まぶたのことです。

下垂とは読んで字の如くですが、下がっているということですね。

まぶたが下がっている状態、すなわち、目を開けているのに十分にまぶたが上がらず、半開きのような状態のことを、眼瞼下垂と言います。

原因としては色々ありますが、多くは、加齢とともに瞼を動かす筋肉の付着部が緩んでしまい、瞼の動きが弱くなることです。

また、生まれつき筋肉の力が弱かったり、遺伝性の病気や、けがなどでも眼瞼下垂になります。

ですので、眼瞼下垂は、病名でもあります。(眼瞼下垂症といいます)。

眼瞼下垂症状が重度であれば保険適応となりますが、重度とは、瞳孔に被ってしまうほど目が開きずらい状態のことです。

よって、基本的に保険適応のケースは、先天性眼瞼下垂(生まれつき目の開きが弱い)や、ご高齢の方などに限られます。

しかし美容手術が一般的となりつつある現在、目を開ける機能が正常範囲内でも、目を大きくパッチリしたい、という目的で眼瞼下垂手術をすることも多くなりました。

また、軽度の下垂症状の段階でも、見た目を若々しくしたい、肩こりや頭痛を改善したい、といった目的で手術することもあります。

これらの場合は、保険適応とはならないので、自費負担での手術となります。

 

眼瞼下垂手術は、大きく分けて、切らない下垂手術と、まぶたを切開する下垂手術があります。

切らない下垂手術は、当院では目力アップ手術という施術メニューになります。

瞼の裏側に糸をかけて縫い縮めることで、瞼を開けやすくする手術になります。

切開する下垂手術は、予定の二重ラインに沿って切開し、緩んだ筋肉を糸で固定し、瞼を開けやすくします。

両者の違いをもう少し詳しく説明すると、

 

① 目力アップ(切らない下垂手術)

・糸が緩むと、戻ってしまう可能性がある

・二重形成もご希望の場合は、同時に埋没二重手術も行う必要がある

・切開しないので、ダウンタイムは少なめ

・裏側から糸をかけるだけなので、表に傷が残ることはない

② 切開する下垂手術

・瞼を開ける筋肉を直接固定するので、緩む可能性は少ない

・同時に脂肪の処理も行うので、くぼみ目や厚ぼったい瞼の改善効果がある

・二重切開も兼ねているので、二重も同時に作成できる

・まぶたのたるみがある場合は、皮膚を切除して、たるみを改善できる

・切開するので、相応のダウンタイムがある

・若干の傷が残る(二重線が傷なので、目立つことはありません)

となります。

 

どちらを選択するかは、患者様ご本人のご要望と、瞼の状態からの医師の診断を組み合わせての判断となります。

目を大きくパッチリしたい、という方から、目が開きずらく疲れやすい、という方も、眼瞼下垂手術が良い適応かもしれません。

ぜひ、お気軽にカウンセリングにお越しください!

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします!

 ↓ こちらを押していただければうれしいです!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

calendar

2018年5月
   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • archives