鼻の整形手術 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

鼻の整形手術

鼻の整形手術

鼻の形成手術 鼻プロテーゼ+鼻先への耳介軟骨移植 モニター症例A

鼻の形成手術、鼻プロテーゼ+鼻先への耳介軟骨移植、モニター症例Aの方の経過のご紹介です。
鼻筋が通って細く、鼻先も高い形をご希望でした。
鼻先にプロテーゼのみを入れてしまうと、将来的には皮膚を痛めてしまう可能性がとても高くなります。
鼻先の皮膚側はやはり軟骨での形成が理想的だと思います。
術前の状態の正面像です。
鼻先はやや丸く、太さがあります。

$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
術後1ヶ月の状態です。
鼻先も細くなりました。

$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
術前の斜めから。
鼻根部はやや低めですが、鼻先は比較的しっかり高さがあります。
鼻柱部は鼻翼よりもやや高い位置にあります。

$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
術後1ヶ月の斜めから。
鼻根部の高さもでています。
鼻柱も理想的な形態に改善しました。

$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
術前の側面です。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
術後1ヶ月の側面です。
$城本クリニック銀座院 酒井直彦院長ブログ
鼻の形成手術をご希望いただいて、たくさんの患者さまに銀座院にご受診いただいております。
ありがとうございます!
鼻の形やご希望の形態によって、様々な形成術をおこなっております。
元々の鼻の形によっては、鼻中隔延長術よりも、こちらの手術をおすすめすることも多いです。
鼻柱部を切開しないクローズ法で行っております。
患者さまにも、たいへんご満足いただきました。

 

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
48時間以内にご返信するよう心がけますが、少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

他院修正 L型プロテーゼを入れて、鼻先から飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例A その2

今回は、他院で治療を受けて合併症を生じてしまった患者さまの治療経過のご紹介、前回の続きとなります。

 

< 前回のその1へ >

他院修正 L型プロテーゼを入れて、鼻先から飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例A その1

 
他院修正 鼻先からL型プロテーゼが飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例Aの患者さま、治療その2です。
前回の経過のお話で、やむなくプロテーゼを抜去したお話をさせていただきました。
お示ししたように、鼻の変形が残ってしまいました。
なるべく早期の鼻形成をご希望なさっておりましたが、即時に再建手術はできませんでした。
通常は3ヶ月以上待機するところを、局所所見と血液検査で慎重に経過観察しながら、抜去術1ヶ月で炎症は落ち着いたと判断して、鼻形成術を行いました。
修正術としては、
?傷跡修正
?薄くなってしまった皮下への側頭筋膜移植
?鼻プロテーゼ
?鼻先への耳介入軟骨移植

を計画しました。

感染して、穴が開いて、薄くなってしまった皮膚は、健常な状態に近づけるように、皮下に側頭筋膜を移植しました。
頭髪内の切開は2cm程度で、傷はほとんど分からなくなります。
(これも、工夫した切開が必要です)
変形した鼻先には、移植した筋膜の下に、耳からの軟骨を移植して、鼻先の形を改善しました。
こちらも、耳の裏側から丁寧に軟骨を採取しますので、傷跡や耳の形の変形等も心配いりません。
修正術後3ヶ月の正面像です。
まだ、鼻先左側の赤みが少し残っていますが、炎症はなく、形態も良好です。
患者さまご本人にも、たいへんお喜びいただけて、私としてもたいへん嬉しく思います。

比較のため、プロテーゼ抜去後の正面像です。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

修正術後3ヶ月の下からの状態です。

比較のため、プロテーゼ抜去後の下からの像です。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

修正術後3ヶ月の斜めからの状態です。
鼻背の形態も改善して、鼻スジが綺麗に通っております。

比較のため、プロテーゼ抜去後の斜めからの状態です。
変形のため、鼻先が上を向いてつぶれたような形になっております。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

術後3ヶ月の側面像です。

比較のため、プロテーゼ抜去後の側面からの状態です。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

鼻根部から鼻先にかけての鼻背のライン(鼻すじ)も非常に綺麗に仕上がりました。
変形した鼻先の改善も勿論ですが、術前に上を向いてしまっていた鼻先の方向も、理想的な形に改善することができました。
合併症を治すだけでなく、術前よりも理想的な鼻の形態に形成することができました。
銀座院では、他のクリニックで手術をお受けになった後で、満足できなかった患者さまからのご相談を多数お受けしております。
少しでもお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談にいらして下さい。

クリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

他院修正 L型プロテーゼを入れて、鼻先から飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例A その1

銀座院では、他のクリニックで手術をお受けになった後で、満足できなかった患者さまからのご相談を多数お受けしております今回は、他院で治療を受けて合併症を生じてしまった患者さまの治療経過についてご紹介します。

他院修正 鼻先からL型プロテーゼが飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例Aの患者さま、治療その1です。

長い経過なので、2回に分けてご報告いたします。

他院で、L型プロテーゼを入れて隆鼻術を受けられておりました。
10年以上経過して、最近になって鼻先が違和感や痛みを感じるようになったそうです。
徐々に鼻先の赤みが増して、浸出液が出てくるようになり、当院を受診なさいました。
診察させていただくと、鼻先の皮膚が赤くなって、一部は皮膚に穴が開いて膿とともに浸出液が認められました。


正面像です。

下方からの状態です。

左斜め前からの状態です。

 

まずは、感染していたことから、プロテーゼの抜去の必要性をお話しました。
患者さまは抜くことは仕方ないが、鼻が低くなった状態が長く続くのは精神的につらいとおっしゃっておりました。
勿論、抜くと同時に、鼻形成ができると、理想的なのですが、感染がある場合、リスクがあります。
最低限の期間で、新たな鼻形成術を行うよう努力しますとご案内して、ご了承いただき、治療をお受けいただくこととなりました。

抜去したプロテーゼです。

プロテーゼ自体は、適切な使い方をしていれば、合併症はほとんど起きません。
しかし、今回のように、鼻先にまでプロテーゼ(いわゆるL型インプラント)が、単独で挿入されていると、穴が開くなどの合併症の危険は高くなります。

やはり、L型プロテーゼを使用した場合は、鼻先には自家軟骨を移植するべきであると考えます。

 

プロテーゼ抜去後の正面像です。
抜いた部分は傷となりへこんでおります。
鼻背も低くなっております。

blog_import_566f98687a3a7

比較のため、抜去前の術前の状態です。

プロテーゼ抜去後の下からの像です。
やはり抜いた部分は傷となりへこんでおります。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

プロテーゼ抜去後の斜めからの状態です。
鼻先の変形が目立ちます。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

プロテーゼ抜去後の側面からの状態です。
鼻先の変形が目立ちます。
鼻筋も低くなっているのが分かります。

比較のため、抜去前の術前の状態です。

 

感染したプロテーゼを抜去したあとは、一般的には3ヶ月以上経過を観察して、炎症などが完全に落ち着いたのを確認してから、新たな鼻形成術を行います。今回は患者さまの精神的苦痛を考慮して、局所の状態と、血液検査での炎症反応を精査しながら、抜去術後1ヶ月で鼻形成術を行いました。

 

<続きは、その2へ>

他院修正 L型プロテーゼを入れて、鼻先から飛び出してしまった症例の修正術 モニター症例A その2 へ

 

 

クリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

鼻尖縮小術 モニター症例C の方の経過をご紹介

鼻先縮小術のモニター症例Cの方の写真をご紹介いたします。
術式は、以前ご紹介した「オリジナル・ストラット法」ではなく、、、
今回は、「V字型軟骨切除+切除した軟骨の鼻先への移植」です。
術前の正面像です。

術後2ヶ月の正面像です。

すーっとした鼻筋が通って、理想的な鼻先の形になりました。
すっきりと自然な鼻先の形で、ピンチ・ノーズにもなっていません。
術前の下からの状態です。

術後2ヶ月。

鼻先を細く引き締めると、小鼻も引きよせられてほっそりとします。
今回の方法は。クローズ法なので、鼻柱の切開がありません。
鼻の穴の中だけの切開で手術しています。
切除した軟骨を成形して、鼻先へ移植しています。
術前の斜めからの状態です。

術後2ヶ月の斜めからの状態です。

術前の側面像です。
術前は、鼻先がやや下を向いた形をしていました。

術後2ヶ月の側面像です。

鼻先がまっすぐのびて、口唇と鼻の角度も良くなりました。
鼻の高さも、高くなっています。
患者さまにもとっても満足していただきました。

 

 

クリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。
48時間以内にご返信するよう心がけますが、少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村←皆様、是非ここを押して、応援よろしくお願いします!

calendar

2018年4月
   
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • archives