鼻尖縮小の腫れ|腫れのピークや腫れを抑えるためのポイントを解説 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

鼻尖縮小の腫れ|腫れのピークや腫れを抑えるためのポイントを解説

鼻尖縮小の腫れについて

鼻尖縮小は団子鼻や丸い鼻を改善してくれる効果的な施術です。しかしへの施術であるため、どのくらいの腫れの症状がでるか気になる方も多いはず。

そこで今回は鼻尖縮小の腫れに焦点をあてて詳しくご紹介していきます。

鼻尖縮小の腫れの症状

《腫れのピークは術後2日から1週間ほど》

鼻尖縮小の施術は、切開を伴う施術です。施術部位である鼻先は、他の部位に比べて固くて厚みがあるためそこまで目に見えるような腫れがでることはあまりないですが、少なからず腫れの症状が現れます。

腫れのピークは、大体術後2日から1週間ほどです。この腫れは、術後2週間くらいをかけて徐々に改善されていきます。

《ギプスによる固定について》

鼻尖縮小の術後は、術後約3日から1週間程ギプスによって施術部位を固定します。固定の日数は施術を行ったクリニックによって異なります。

この固定を行うことで、施術部位を保護することはもちろん、腫れや内出血などの症状を最低限にまで軽減すること期待できます。

《腫れによって鼻が詰まっている感じがする》

鼻尖縮小の術後の腫れの影響で、場合によっては常に鼻が詰まっているような症状を感じることがあります。この鼻づまりの症状は、腫れが落ち着いていくと共に、自然と解消されていきますので過度な心配は不要です。

腫れが完全に引いても鼻づまりのような症状が引かない場合は、施術を受けたクリニックへ相談するようにして下さい。

鼻尖縮小の腫れ症状を少しでも軽減するために

《血行を促進する行動は控える》

血行を促進することで、腫れの症状を助長してしまう可能性があります

そのため、腫れがでている間は、飲酒、長時間の入浴やサウナ、発汗を伴う過度な運動など、血行を促進してしまうような行動は控えるようにしましょう。

《術後のアフターケアは医師の指示に従う》

腫れの症状をできるだけ最低限に抑えるために、術後をいかに過ごすかがポイントになります。

中でも、固定のケアをしっかりと行うことはとても大切です。鼻にギプスをつけて生活するのは煩わしいと感じる方も多いかもしれませんが、自己判断で外したりはせず医師の指示をしっかり守りましょう。

また、鼻に不要な刺激を与えたりしないように、メイクや洗顔などの注意点も医師から言われたことを参考にして行うように心がけてください。

鼻尖縮小の腫れが不安ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容・形成外科クリニックにご相談ください。
メール相談はこちら

calendar

2018年6月
   
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives