脂肪注入豊胸の費用|相場・安い場合の注意点を紹介 | 銀座S美容・形成外科クリニックブログ

03-5537-6645

美容外科ガイド

美容外科ガイド

脂肪注入豊胸の費用|相場・安い場合の注意点を紹介

脂肪注入豊胸の費用はどのくらい?安い豊胸の注意点も

脂肪注入豊胸は、自分の脂肪を吸引して胸に注入する方法のため、アレルギー反応などが起こりにくく、自然なバストアップを期待できる豊胸術です。

そのため、豊胸をするなら脂肪注入豊胸で行いたいと考えている方も多いかと思います。

そこで、脂肪注入豊胸にかかる費用はどのくらいか、安すぎる場合にはどんなことに注意したら良いのかを紹介していきます。

脂肪注入豊胸の費用相場

脂肪注入豊胸は、使用する設備や脂肪の吸引範囲、受けるクリニックなどによって異なりますが、脂肪注入費用が約30〜50万円、それに脂肪吸引費用が必要です。

銀座S美容・形成外科の脂肪注入法の費用

銀座S美容形成外科の場合は、脂肪注入費用が43万2千円〜です。

そこに脂肪吸引費用として、腹部全体で約60万円〜、太もも全体で約75万円〜がかかってきます。

より詳しい費用については電話・メール相談・カウンセリングでお気軽にご相談ください。

脂肪注入豊胸が安い場合の注意点

クリニックによって費用が異なるのは当然ですが、相場よりも極端に安い場合には注意が必要です。

ここで脂肪注入豊胸が安い場合の3つの注意点を紹介します。

注意点①脂肪吸引費・アフターケア代などの諸費用が含まれていない

相場よりも極端に費用が安い場合には、脂肪吸引費やその他諸費用がかかるのにも関わらず、「脂肪吸引代別途必要」などという注意書きをせずに、脂肪注入のみの費用を掲載していることが考えられます。

そのほかにも、術後の腫れや炎症を抑制する薬や痛み止めなどの薬代、注入・吸入の質を上げるためのオプション費などが必要になることもあります。

それらを合算すると、最終的には費用が相場と変わらない、あるいは相場をはるかに超えるケースがあるので、カウンセリングで見積もりを出してもらうようにしましょう。

注意点②客引きを目的に費用を安くしている

安い場合の注意点の2つ目が、客引きを目的に費用を安くしている場合あるということです。

施術そのものを安くすることでオプションや他の施術をセットで紹介しやすくなり、結果としてより利益が増す仕組みになっているようです。

また、「信頼度が低い」「最近では一般的に行われている方法ではない」などと理由をつけて、より価格の高い施術に誘導するために安くしてる可能性も考えられるため、注意が必要です。

注意点③症例数・技術向上を目的に費用を安くしている

開院から日が浅い新しいクリニックで実績が欲しい場合、あるいは経験の浅い医師の技術向上を図る場合などを目的に、費用を安くしていることがあります。

脂肪吸引など、担当医の技術力が術後の仕上がりを左右するため、術後の失敗・トラブルのリスクを下げるためにも担当医やクリニックの経歴をしっかりと確認しましょう。

費用が気になる方はカウンセリングでご相談ください

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容・形成外科クリニックにご相談ください。
メール相談はこちら

calendar

2018年6月
   
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 酒井院長ドクターブログ

  • 矢沢副院長ブログ

  • クリニックスタッフブログ

  • 美容外科ガイド

  • archives